開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社 / ヴィーム・ソフトウェア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/01/31

Windows Serverのサポート終了は“好機” 攻めのITへの転換を実現するには

多くの企業にとってデータ活用が重要な取り組みになる一方で、その足を引っ張りかねない事態が起きている。それが「Windows Server 2008」と「vSphere 5.0/5.1/5.5」のサポート終了だ。両ソフトウェアのサポートはすでに終了しているが、現在もこれらのソフトウェアを利用している企業は多くのリスクを伴うことを忘れてはならない。ただし、まだ移行できていない場合でも手遅れではない。

photo
サポート終了をチャンスに変えるには
(Photo/Getty Images)

データ活用に取り組む企業を直撃する、重要ソフトウェアのサポート終了

 現在、多くの企業にとってデータ活用は重要なテーマだ。GAFAやBATの台頭を挙げるまでもなく、「デジタル世界における新たな通貨」に例えられるデータを活用できなければ、これからの時代を生き残ることは難しいだろう。すでに先進的な企業はこの事実に気づき、データ活用を加速している。また、これまであまり積極的でなかった企業も本格的に取り組み始めたようだ。

 ところが、いざデータを活用しようとすると、さまざまな課題に直面する。1つが「システムのサイロ化」だ。システムごとにデータが分断されているため、重要なデータがどこにあるのかが分からない。分かったとしても、データを取り出すことが難しいこともある。

 さらに仮想化によってシステムが複雑化し、その運用が困難になっていることも問題だ。特に中小企業では、システムを管理できるユーザーが限られるため、担当者が不在になると途端にビジネスに支障をきたす。

 こうした中、企業にさらに追い打ちをかける事態が起きているのを、ご存じだろうか。これまでビジネスを支えてきた重要なソフトウェアがサポート終了を迎えているのだ。

画像
主要ソフトウェアのサポート終了スケジュール

 特に「Windows Server 2008」は2020年1月14日にすでにサポート終了し、「VMware vSphere 5.5」も2020年9月19日にサポート(テクニカルガイダンス)を終了する。サポートが終了すればセキュリティパッチは提供されないため、外部からの攻撃に対しては非常に脆弱になる。もしも、これらのソフトウェアを利用しているなら、早急に新しいシステムに移行すべきだ。

 ただし、移行できていない場合でもまだ手遅れではない。これからのシステム移行によって前述の課題を解決し、データ活用を前進させて、一気に“攻めのIT”に転じる方策は残っている。まず何から手を付け、どのようにデータ移行を進めるべきなのかを解説する。
この記事の続き >>
・新システムへの移行を成功に導く3つのポイント
・システム移行への環境、運用負荷を8割削減した無料ツールとは
・システム移行後、攻めのITに転じるには
・通販大手ベルーナの事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!