開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム、福岡情報ビジネスセンター、日本電通、セントラルソフトサービス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/03/16

なぜクラウド利用の深化がオンプレミスを加速させているのか?

企業におけるクラウド活用の実例が数多く公開され、クラウド採用の抵抗感も薄れてきた昨今、基幹業務システムのクラウド移行が増えている。一方で、一部の企業ではパブリッククラウドに移行したシステムを再度オンプレミスに戻す“逆現象”も起きているという。基幹システムのクラウド移行にあたりどういったポイントに気をつければ良いだろうか。また、稼働環境をオンプレミスからパブリッククラウドに移すだけでなく、クラウドネイティブの世界で真のデジタル化を進めたり、将来オンプレミス・パブリッククラウドといった稼働環境を気にせず、適材適所で動かせるサービスを開発していくには、どのようなテクノロジーが有効なのか?

photo
基幹システムのクラウド移行、失敗例で見えてきた課題とは
(Photo/Getty Images)

ニーズが高まる「基幹システムのクラウド化」だが…

 ビジネスにおけるクラウド活用が当たり前となり、基幹業務システムのクラウド移行を検討する企業も増えてきた。

 こうしたクラウド移行のニーズには大きく2つのポイントがある。1つは「デジタルトランスフォーメーション(DX)への対応ニーズ」だ。先進的な企業だけでなく、あらゆる業種、業界においてDXが課題となっている。企業のITインフラにおいても、「変化するビジネスに耐えうる柔軟性・俊敏性を獲得したい」と考える企業が増えている。

 2つめは「IT人材不足によるニーズ」だ。IT人材不足によって、これまでのようにマシンを自前で購入し、システム構築、運用を自社リソースで行うことは難しくなってきている。基幹系システムは使い続けなければならないシステムであり、上述したような「新たな領域」への投資を積極化していくためにも、運用工数を削減していくことは大きなテーマだといえる。

 しかし一方で、「一度パブリッククラウドへと移行した企業が、再びオンプレミスに戻ってくる」という、まるで逆の現象もおこり始めている。これは一体、なぜなのだろうか?

この記事の続き >>
・クラウド利用で見えてきたオンプレ環境との共存時代?
・コストメリットだけを考えると、クラウドは最適解とならない?
・コンテナのメリットを最大化するには「可視化」「統合管理」が重要
・クラウド移行の「その先」を見据えることができるか?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!