開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ストラタステクノロジー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/04/27

「エッジコンピューティング導入」には何が必要? 工場のデジタル化を実現するには

製造業をはじめ、あらゆる業種でIoTの取り組みが進んでいる。増大、大容量化するセンサーデータを活用すべく、センサーの近くでデータを分散処理するエッジコンピューティングの重要性が高まっている一方、導入を推進する上で「投資対効果」「スキル不足」「セキュリティの懸念」などの現場の課題も聞かれる。どのような環境ならこうした課題を解決できるのだろうか。

photo
エッジコンピューティング領域でデータを成果に変えるためにはどんな環境が必要だろうか
(Photo/Getty Images)

IoTの進展により重要性が高まる「エッジコンピューティング」

 IoTなどで取得した、さまざまなセンサーデータの活用が進んでいる。特に製造業の現場で注目されているのが「工場のデジタル化」だ。

 工場のデジタル化は2つのニーズにより推進されている。1つは製品を使う事業者やユーザーが求める価格優位性や納期の速さ、多品種・少量生産などの価値に関する「市場のニーズ」である。そして2つ目が工場の稼働状況を可視化し、稼働率を高めて歩留まりを高めたり、オペレーションの自動化、無人化により生産効率を向上させたりする「製造現場のニーズ」だ。

 市場と製造現場のニーズに応えるには、より多くのデータをリアルタイムに活用することが求められる。そこで、工事現場のIoTセンサーの近くでデータを分散処理することで処理能力を高める「エッジコンピューティング」に取り組む企業が増えている。

 データを蓄積、活用するためにクラウド接続の負荷を下げてコストを最適化し、リアルタイムなデータ活用のメリットを最大限に発揮するためである。製造業におけるIT、OT(Operational Technology:制御・運用技術)担当者の約7割(73%)が「エッジコンピューティングを実装済み、または実装計画がある」と回答したという数字もあるほどだ(日本ストラタステクノロジー調査)。

 しかし、この調査では同時に「エッジコンピューティング導入」の際、(1)予算不足(費用対効果の課題)、(2)セキュリティ上の懸念、(3)効果的なユースケースの選定、(4)スキル不足、という4つの課題があるとも指摘している。

 たとえば、「工場のデジタル化へ、何から着手すべきかわからない」という声が聞かれるが、これは「スキル不足」や「効果的な対象領域の選定」などの課題が背景にある。また、「現場で使うハードウェアが老朽化し、セキュリティや接続コストの観点で問題がある」というのは、「コスト」「セキュリティ」の課題だということができる。

 こうした課題の解決を難しくする最も大きな要因は、「投資対効果が見えない」ということだ。では、どのようなエッジコンピューティング環境なら、4つの課題を解決し、投資を回収できるのだろうか。

この記事の続き >>
・産業用IoT向けのエッジコンピューティングは何が違うのか
・組み立て製造業、建設現場、半導体製造現場のエッジコンピューター環境
・「サービス型のビジネスモデル」に製造業が対処するには?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!