開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

JBCC株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/05/22

見えてきた「テレワークの課題」、今からでも間に合う“失敗しない”IT環境構築術

新型コロナウイルスへの感染対策として、テレワークの導入を急ピッチで進めている企業は多い。しかし、今回導入する企業だけでなく、「すでに環境を構築済みなのにテレワークがうまくいかない」という現場の声も聞こえている。緊急事態宣言から1カ月以上が経ち、テレワーク環境の課題が見えてきた段階ではないだろうか。ここでは、いくつかのケースに分けて、ITインフラに求められる条件や、具体的なテレワーク環境・VDI環境の事例について紹介しよう。さらに第3世代プラットフォームによる新たなテレワーク構築のノウハウも解説する。

photo
社内と同じクオリティーのIT環境をテレワークで実現するには?
(Photo/Getty Images)

コロナ禍で浮き彫りになったテレワークの課題

 新型コロナウイルスの感染拡大は、ビジネスシーンを大きく変えた。緊急事態宣言が発令され、企業ではテレワークが急速に広がっている。近年の日本のテレワーク事情を、総務省が毎年実施している「通信利用動向調査」で振り返ると、2018年のテレワーク導入率は19.1%。2017年の13.9%と比較すると徐々に導入が進んでいる傾向にはあるが、まだまだお寒い状況だった。

 これまで日本は、海外と比べてテレワークの導入率が低く、大企業でさえもテレワーク環境への投資が少なかった。ただし、このコロナ禍で状況は大きく動いている。今は、とにかく事業を継続しなければならないからだ。そこで必要不可欠になっているのが、遠隔会議システムなどのリモートツールである。

 テレワークが急速に広がりを見せる中で、「意思疎通をとるのが難しい」「雑務が増えた」「セキュリティが不安」「テレワークの運用ルールなど会社の方針が整っていない」といったテレワークの課題も見えてきた。今回は、急きょテレワークを実施する企業も多かったため、利用者がツールを使いこなすまでに時間や労力もかかる上、環境によっては映像・音声に遅延が起きるなど、実際に使ってみて初めてわかることも多いようだ。

 このようなテレワークに対する多くの課題に対して、安定かつ安全に使えるIT環境をどのように構築していけば良いのだろうか? 有識者たちに聞いた。

この記事の続き >>
・コロナでテレワーク導入率はどう変わった? アンケート結果
・テレワーク導入で失敗しないための5つの要素
・クラウドとハイブリッドクラウドによるテレワーク環境構築事例
・今後の最適なプラットフォームの在り方とは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!