開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社セールスフォース・ドットコム提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/05/22

出社しない働き方を実現するヒントとは?コロナ禍の今こそ学びたいクラウド移行法

新型コロナウイルスの影響により働き方が大きく変わる中、全従業員のリモートワーク移行を実現できている企業がある一方で、リモートワーク移行の実現に苦戦している企業もある。その違いを生み出している1つの理由が「クラウド」の活用だ。コロナ禍におけるリモートワーク移行の進捗だけを見れば、これまでクラウド活用に積極的に取り組んできた企業と、そうでない企業で明暗がはっきり分かれている。アフターコロナの世界を見据えると、今後、企業のクラウド活用がさらに進むのは間違いない。だからこそ、今クラウドの選択・導入のポイントを確認することが重要になる。

photo
新型コロナウイルスの影響により働き方が大きく変わる中、改めてクラウドの重要性が認識されはじめている
(Photo/Getty Images)
 

新型コロナ対応で浮彫りとなった、各企業のクラウドへの取り組みの違い

 新型コロナウイルスの影響で、改めてクラウドの重要性が認識されるとともに、各企業のクラウドへの取り組みの違いが浮き彫りになっている。

 たとえば、これまでクラウドを活用して働き方改革やBCP対策に取り組んできた企業は、今回のコロナ禍でも、比較的スムーズにリモートワークを実現できている。中には、今回のコロナ禍を従来の働き方を変革するチャンスととらえ、オフィスを縮小してリモートワークを常態化させようとする企業もある。

 一方、クラウドへの取り組みが遅れた企業は、リモートワークの実現に苦しんでいる。たとえば、一般企業でも、ノートPCを持ち帰って作業することはできても、重要なシステムとデータが社内にあるため、やむなくオフィスに出社せざるをえない企業も少なくない。

 もちろん、すべてをクラウド化すれば良いわけではないが、そうかといって、オンプレミスによるリモートワーク環境の構築は容易ではない。今後、企業システムのクラウド化がさらに進むのは間違いないだろう。だからこそ、今、クラウドのメリット/デメリット、クラウドサービスを選択・導入する際に考えるべきポイントを整理し、クラウド化へのスタートを切ることが重要になる。本資料は、そのための良質なガイドとなっている。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!