開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

レッドハット株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/06/19

国内のコンテナ市場を分析レポート、kubernetesの導入が進んでいる業種は?

自社の競争優位性を高めるために、日本企業の多くは、いち早く新サービスやアプリケーションを市場に投下しようと開発に取り組んでいる。近年、そうした効率的かつスピード感を持った開発を目指す企業から注目を集めているのが、コンテナ型の仮想化環境を提供する「Docker」や、その開発・運用自動化基盤「Kubernetes」だ。今回、日本のコンテナ市場における業種別導入状況や、導入メリット・デメリット、さらには導入における課題などを解説する。

photo
日本市場においてコンテナやKubernetesなどの技術はどれくらい企業に浸透しているのだろうか
(Photo/Getty Images)
 

「Kubernetes」のリアルな導入状況とは

 多くの日本企業が「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の実現に向け取り組む中、迅速な事業展開を支えるクラウドサービスはますます欠かせない存在になりつつある。それにより、「コンテナ化」や「サーバレスコンピューティング」などの技術を活用したクラウドと親和性の高いアプリケーションの開発・利用も活発になっている。

 そこで近年注目されるのが、開発・運用自動化基盤「Kubernetes」だ。特にKubernetesは、コンテナ化されたアプリケーションの展開やスケーリング、管理を自動化するため基盤のデファクトスタンダードになりつつある。

 実際に、グーグルやアマゾン、マイクロソフトなどの主要なクラウドプロバイダーが自社サービス開発を目的として、Kubernetesのマネージドサービスをリリースする動きを見せている。

 こうした中、日本市場においてコンテナやKubernetesなどの技術はどれくらい企業に浸透しているのだろうか。また、導入企業が期待するメリットとは何か。さらに、企業が感じている導入ハードルや課題とは。

 ここからは、国内の企業・組織においてITシステム構築・運用に携わる担当者を対象に実施した、コンテナの利用状況とKubernetesに関するアンケート調査の結果を紹介する。業種別の導入状況やビジネスメリット、導入における課題などの現状を詳しく見ていこう。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!