開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社クラウドワークス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/07/13

“withコロナ”で続くIT人材不足、ハイレベル層を確保し「成果」を出してもらう方法

デジタル化の進展に加え、コロナ禍後のニューノーマルに対応する必要などから、特にエンジニアをはじめとするIT人材の確保は大きな課題だ。しかし、IT人材不足の傾向は今後も続き、デジタルビジネスの担い手である優秀な人材は引き続き「売り手市場」にある。IT人材確保の課題と、その解決のカギがどこにあるかを探った。

photo
コロナ禍後もITエンジニアの確保は困難な状態が続いている
(Photo/Getty Images)
 

優秀なIT人材の確保は、あらゆる業態にとって「難しい問題」

 新型コロナウィルス感染拡大もあり、ビジネスを取り巻く環境は不透明さを増している。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴い、非ITの事業会社でも「小売店がECビジネスを本格化するので開発を内製化したい」「テクノロジーをビジネスに活用したい」というニーズが高まっている。一方、デジタル化を担うAI人材をはじめ、ITエンジニアの確保は難しい状況だ。

 コロナ禍により、企業からの求人数を求職者で割った有効求人倍率は低下傾向にあるものの、エンジニアやデザイナー職は多くの企業にとって人材確保の難しい状況は変わらず、引き続き売り手市場が続いている。総務省の『情報通信白書』(令和元年版)によれば、IT人材は2030年には45万人不足するという予測もあり、今後ますます深刻化すると見られる。

 さらに、優秀な人材を採用するには高いコストがかかるため、「人材不足は認識しているが採用に踏み切れない状況」が続いているのだ。

 こうした採用前のIT人材市場の課題に加え、採用後についてもマネジメントなど、採用面接時には不明瞭だった課題がつきまとう。そもそもDXなどのように「すぐに成果が出るとは限らない」性質の仕事を担うエンジニアは、営業職のように「成果が数字で目に見える」仕事のマネジメントとは異なる点に留意する必要がある。

 また、技術のミスマッチという課題もある。一口にエンジニアといっても、企業のシステムや、開発環境などによって求められる技術は異なり、ひとくくりにすることはできない。技術のほかにも開発の進め方やコミュニケーションなど、面接だけでは見極められない「言語化しにくい文化の違い」がある。

 こうした採用後の課題について、ビジネススピードを考慮した採用では、ある程度“見切り”で採用しないといけないのが現状である。人材の確保が難しいという「採用前」の課題と入社した人材が活躍できるかという「採用後」の2つの課題をどのように解決すればいいのだろうか。

この記事の続き >>
・「売り手市場」でハイレベルのIT人材を確保する方法
・コロナ禍を採用に生かすには
・スタートアップの採用や「数十人単位」の採用には何が有効か

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!