開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

クラウディアン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/07/10

ストレージ選定で要チェック、クラウドストレージの「よくある誤解」

現在の企業ITのトレンド、「クラウドファースト」(クラウドサービスの利用を第一に考える)。ビジネスの急激な変化に対応でき、運用負荷とイニシャルコストの両面を軽減できるクラウドの採用は、当然の流れだと言える。だが一方で、事業存続やデータ活用に関わる「バックアップ」にクラウドストレージを採用する場合には注意が必要ということをご存じだろうか?

photo
“とりあえずクラウド”になっていないだろうか?
(Photo/Getty Images)

クラウドストレージに隠された「バックアップ」での思わぬ問題点

 データをバックアップする主な目的は大きく2つ、「障害時のデータ復旧」と「データの保管・保存」だ。現在普及している多くのクラウドストレージでは、この2つの目的を果たす機能を十分に備えている。限りなく高い可用性を持ち、急激なデータ増加でもすぐに拡張可能で、運用の手間もほとんどない。「クラウドストレージを選ばない理由はない」と多くの人が考えるだろう。しかし、クラウドストレージをバックアップに利用することへの懸念がないわわけではない。

 懸念の1つは、「クラウドには、ユーザーがコントロールできない要件が多く含まれる」点にある。たとえば、災害などが理由で障害が起こった際には、自社で何も対応をすることはできず、ただベンダー側の復旧を待つのみとなる。実際、クラウドストレージに限らずSaaS製品の障害にやきもきさせられた例も少なくないだろう。

 また「セキュリティ」の観点では、もちろん主要なパブリッククラウドはどれも高度なセキュリティを保証しており可能性は低いとは言え、仮にセキュリティ・インシデントが起こってもユーザーはすぐには感知できない。

 クラウドの利用メリットであるはずの“クラウド側に運用管理をお任せできる”ということが、バックアップでの利用では必ずしもメリットだけにはならない。

 さらに多くのユーザーは「パブリッククラウドを利用すれば、セキュリティ対策をすべてベンダー側に任せられる」と考えているだろうが、それは正確ではない。

この記事の続き >>
・セキュリティをベンダー任せにできない、根本的理由
・ビッグデータの活用を、クラウドストレージが妨げる
・「クラウドのデファクト」との完全互換を実現するオンプレストレージ
・省コストで導入可能、セキュリティも唯一無二
・DX推進のための次世代型データ活用基盤

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!