開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

arcserve Japan合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/31

社内でもリモートでも!複雑化するデータ環境を“まるっと”保護する方法はあるのか?

新型コロナの流行を契機に、パンデミック下での事業継続計画(BCP)の策定や見直しを行う企業が増えている。そこで課題になるのが「データ保護」だ。テレワークの普及でますますデータ保管場所が散在し、企業が利用するデータの種類も量も増大の一途をたどる昨今、労力やコストをかけずに、簡単にデータ保護を実現する方法はあるのだろうか。

photo
労力やコストをかけずに、簡単にバックアップを実現する方法はあるのだろうか
(Photo/Getty Images)
 

新型コロナとリモートワークで高まるデータ保護の重要性

 災害大国である日本において、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)の必要性は以前から指摘されていた。しかし、新型コロナウイルスの流行でその重要性が改めて顕在化している。

 あらゆる状況でもビジネスを止めないためには、「情報システムの継続」が鍵となる。そのためには「データの保護や復旧をどうするか」を考える必要があるだろう。

 しかし、ひと口にデータ保護と言っても、データの種類の複雑化やデータ量が加速度的に増加している昨今、簡単に実現できることではない。また、仮想化の進展に伴い、物理サーバと仮想サーバの両方のデータ保護について考える必要がある。さらに、クラウドの普及で、オンプレミスとクラウドのそれぞれのデータ保護について考えざるを得ない。

 加えて、急速に普及している「リモートワーク」が、データ保護の重要性と難易度をさらに上げている。

 リモートワーク端末が増えることで単純にデータが散在する状況が加速するだけでなく、数々のセキュリティソリューションで守られた社内環境と比べて、リモート環境のセキュリティリスクは高い。実際に新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ランサムウェアやクリプトジャッキングなどのサイバー攻撃の被害が拡大している。

 こうした状況下で、どうすれば増え続けるデータや散在するデータを最適に保護できるようになるのだろうか。

この記事の続き >>
・場所・種類・量、データ保護の課題をまるごと解決
・テレワーク特有の5つの課題にも対応
・海洋サービス会社の解決事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!