開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社はてな提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/31

はてな社がDevOps実現で成功できた理由とは?「はてな」の事例で解説

年々、ビジネスのスピードが加速するに伴い、ビジネスを支援するITにもスピードが求められるようになった。こうした変化を受け、開発と運用の垣根を超えて継続的にシステムを改善していく「DevOps」に取り組む企業が増えている。しかし、これまで対立すると考えられていた開発と運用を一体化することは、容易なことではない。「はてなブログ」などを運営する はてな社は、どのように成果につながるDevOpsを実現したのか。同社の成功事例とともに、DevOpsのポイントを解説する。

photo
開発と運用を一体化することは、簡単なことではない。DevOps実現により成果を出すためには、どのような点に注意すべきなのだろうか
(Photo/Getty Images)
 

拡大するクラウドとエンジニアを取り巻く環境の変化

 年々、企業システムにおけるクラウドの活用が進んでいる。総務省のデータによれば、クラウドを活用する企業の割合は2018年時点で58.7%に上り、現在その割合はさらに増えている。 

画像
クラウドサービスの利用状況
(総務省「令和元年版 情報通信白書」より)


 企業のクラウド活用が進むにつれて、年々、SaaS業界の市場規模も拡大している。今や市場を見渡せば、Microsoft 365やG Suiteなどのグループウェアをはじめ、オンラインストレージ、営業管理、顧客管理、会計、人事・総務など、あらゆる分野で多様なSaaSツールが登場したことにより、ツールを利用する企業にとっては、業務に適用するITツールを自由に選択できる環境となった。

 こうしたクラウド活用の拡大は、エンジニアを取り巻く環境にも影響を与えている。SaaSサービスを開発・提供している企業はもちろん、一般の企業も、AWSをはじめとするクラウド型の開発プラットフォームを活用して、サービスやアプリを迅速に開発・リリースし、市場ニーズに合わせて短いサイクルで更新していくことが求められているのだ。

 そこで生まれた考え方が「DevOps」だ。開発(Development)と運用(Operations)が連携しなければ、急速に変化する市場に合わせてサービス・製品を投入することは難しいのだ。それは、「はてなブログ」などのサービスを運営する はてな社も同じであった。

 はてな Mackerelチーム プロデューサーの加古直己氏は、「DevOpsは、単に開発と運用の壁を取り払えば良いというわけではありません。それだけでは成果につながりません」と強調する。

画像
はてな
Mackerelチーム
プロデューサー
加古直己 氏

 DevOps実現により成果を出すためには、どのような点に注意すべきなのだろうか。はてなの成功事例から学べるポイントとは何か。

この記事の続き >>
・「はてなブログ」を運営する はてな社のDevOpsの成功事例に学ぶ
・アプリ/インフラエンジニアをつなぐ架け橋となるDevOpsの中核ツール
・DevOpsを実現に導く「監視」の在り方とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!