開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Slack Japan 株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/12

Slack社はコロナ禍でどう働いていたのか? CEOが「マラソン」と語った真意とは

猛威を振るった新型コロナウイルスにより、多くの企業がリモートワークの導入に踏み切ることになった。それに伴い、コミュニケーションの形が大きく変容している。当初は否応なく始まったリモートワークだが、企業にとって「攻め」の施策となるよう活用することが重要になっている。ビジネス向けメッセージプラットフォーム「Slack」で知られるSlack社は、ニューノーマル時代に応じて実際にどう働き方を変えたのか? 事例を交えて、具体的な方法を解説しよう。

photo
大きく変容したコミュニケーション、Slack社の働き方はどう変わった?
(Photo/Getty Images)

働き方やコミュニケーションが恒久的に変わってしまった

 突然の新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)は、世界中に甚大な被害をもたらし、従来のワークスタイルを一変させることになった。日本国内でも緊急事態宣言が発令され、部分的にも全社的にも、ここ数カ月で多くの企業がリモートワークを導入している。

 リモートワークの導入によって、ある意味で働き方改革も強制的に進みつつあるが、「コミュニケーションの形態が大きく変容したことで、新たな課題や気づきも出てきました」と語るのは、Slack Japanの水嶋ディノ氏だ。

photo
Slack Japan 事業開発部 部長
水嶋 ディノ氏
「仮に新型コロナウイルスが一過性の事象であったとしても、そのインパクトは企業にとって恒久的であり、リモートワークの流れもコロナ収束後に消えていくものではないでしょう。つまり我々の働き方やコミュニケーションの在り方に対しても、恒久的な影響を与えていくと考えられます」(水嶋氏)

 そうした中で、いま多くの企業は柔軟で働きやすい環境を模索している。ニューノーマル時代を迎えるにあたり、ナレッジワーク、すなわち未来のデジタルオフィスをイメージして働き方を変革する必要があるのだ。対面ビジネスは今後も重要だが、それと同時にワーカー同士が連携し、情報を見つけ出し、イノベーションを生み出せる新たな仕組みが求められている。

 では、デジタルコミュニケーション基盤で知られるSlack社は、このコロナ禍でいかに自社の働き方を効率化し、生産性を高めてきたのか? その経験を赤裸々に明かしてもらった。

この記事の続き >>
・Slackを自社で活用するときに心がけているポイントとは?
・なぜリモートワークにおいて、透明性と心理的安全性が重要なのか
・スマートHR、電通デジタル、NECネッツアイ3社の導入事例から成功のヒントを探る

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!