開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ヴィーム・ソフトウェア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/28

データの「モビリティ」が重要なマルチクラウド時代、データ保護&管理はどう変わる?

企業や個人にとって、ますますクラウドがインフラとして必要不可欠な存在になっている。マルチクラウドといった、複数のクラウドサービスを利用するシーンも多くなってきた。そのような状況で、改めてデータの保護・管理が大きな課題としてクローズアップされている。環境を超えてデータが移動するマルチクラウド時代の新たなデータ保護・管理のカタチは、どのようなものになるのだろうか。

photo
マルチクラウド時代の新たなデータマネジメントを考える
(Photo/Getty Images)

マルチクラウド時代は「データのモビリティ」が求められる

 ニコラス・G・カー氏は、12年前の自著『クラウド化する世界』の中で、「(クラウドは)商品を物理的な形態やコストから解き放った、インターネットと情報産業がもたらす新しい経済である」と予言した。現在まさにクラウドは電力や水道のように、我々の生活に必要不可欠なインフラになっている。

 そして図らずも、今回のコロナ禍でリモートワークやオンラインイベントも当たり前に行われるようになった。これらが「新しい日常」になり、クラウドはより身近な存在へと変わっている。

 クラウドは、その形態によってパブリックとプライベートに分けられる。両者を併用するハイブリッドクラウドや、最近では複数のクラウドを活用するマルチクラウドも見られる。

 このように複数のクラウドを利用することが多くなった昨今、それぞれの環境をデータが頻繁に行き交う「データのモビリティ」が求められるようになっている。たとえば、オンプレミスのテスト環境をクラウドに持っていったり、逆にクラウドからオンプレミスへマイグレーションしたり、またデータを保管するためにクラウドからクラウドへ移行するといったこともあるだろう。

 このように、企業も個人もクラウド利用が当たり前になった社会では、データの移行のしやすさや、万が一何かあった場合に備えてデータをしっかりと復旧できるかどうか、という視点が大切になる。

 つまり、改めて「マルチクラウド時代のデータマネジメント」を問い直すことの重要性が浮き彫りになっているのだ。

この記事の続き >>
・「3-2-1-0」のルールをおさらい
・データマネジメントの5つの基本軸
・Microsoft 365のデータ保護は大丈夫? 中央大学の事例とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!