開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Sansan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/26

“対面”という営業の「前提」が崩れる今、最大限の成果を出すための3つのヒント

新型コロナウイルスの流行によって、リモートワークやWeb会議など、「ニューノーマル」に対応した働き方が求められている。営業活動においても、対面で行っていた業務をオンラインにシフトしていくことは喫緊の課題だ。営業における「働き方の新しいスタイル」を確立し、オンラインでの顧客との接点やデータ基盤を整備するには、どのような戦略が必要になるのだろうか。顧客接点戦略の3つのポイントを紹介する。

photo
ニューノーマルの営業スタイルをどう構築すべきか
(Photo/Getty Images)

営業活動にも「ニューノーマル」が求められている

 コロナ禍によって、企業経営における常識が崩れ、経営環境は大きく変わった。新型コロナ流行前の社会では、出社や対面での営業が当たり前で、ビジネスは人と人の接触が前提だった。

 もちろん業界にもよるだろうが、いまや多くの企業でこの前提は崩れつつあり、テレワークに代表されるオンラインへと半ば強制的にシフトしている。コロナウイルスの終息が見通せない中、今後は、「ビジネスのオンライン活用」がさらに当たり前となっていく。ビジネスのデジタル化によって「接触を前提としない企業経営へと転換すること」はますます必須の流れとなるに違いない。

 こうした前提に立って、営業活動がどう変わるかを考えてみよう。対面による物理的な接触が制限され、訪問営業やリアルの展示会といった機会は大きく減ることが考えられる。

 そこで求められる営業変革には、2つのポイントがある。1つ目は「オンラインを活用した営業手法」だ。ITツールを活用し、オンラインセミナーやWebマーケティングなど、新たな営業手法を確立することである。

 2つ目は「既存アセットの有効活用」だ。既存の顧客接点を有効活用し、お客さまへのアプローチを有効に行うことである。

 しかし、接触を前提としないオンラインでの営業・販売手法を構築するには、オンラインとオフラインの業務がこれまでよりも混在することになるため、これまでの営業のやり方では難しい。営業の現場には課題が山積しているといえよう。

 しかしこれは、営業スタイル自体を変革する「チャンス」でもある。

この記事の続き >>
・オンラインもオフラインも「全社の出会いをデータベースにする」
・データを企業単位に集約し、さらなるデータ活用を可能に
・AI活用で「受注しやすい案件」を可視化、商談数は64%アップ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!