開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

NTTテクノクロス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/10/29

【事例】遺伝子情報を守る“鉄壁”を作れ、「在宅リモート保守」を実現した方法とは

NTTライフサイエンスは、企業の定期検診や人間ドック向けに、遺伝子検査サービス「Genovision Dock(ゲノビジョン ドック)」を含む健康経営サポートサービス「Genovision(ゲノビジョン)」を提供している企業だ。遺伝子情報という非常に機微な情報を扱うため、システムの運用・保守においてセキュリティとプライバシーは最優先される。一方で、コロナ禍のような不測の事態にも事業を継続できるようにリモートでの保守も求められていた。同社は、この難しい課題をどうやって解決したのか。システム開発に携わった同社 ライフイノベーション部 システム統括部長 茂垣 武文氏に話を聞いた。

photo
NTTライフサイエンス
ライフイノベーション部 システム統括部長
CISSP 健康経営アドバイザー
茂垣 武文氏

安心・安全な「遺伝子検査」を提供するための仕組みを模索

 NTTライフサイエンスは、2019年7月にNTTの100%子会社として設立された会社である。2020年4月からは、企業の定期検診や人間ドックのオプションとして選択できる遺伝子検査サービス「Genovision Dock」を提供している。同社のライフイノベーション部 システム統括部長 茂垣 武文氏は、サービスの概要を次のように説明する。

「人間ドックなどで遺伝子検査を選択すると、2mLだけ追加で採血し、その血液を使って専門機関で遺伝子65万カ所のデータ化を行います。弊社では、そのデータを分析し、レポートを作成して受検者にお渡しするのが基本的なサービスの流れになります」(茂垣氏)

画像
遺伝子検査のレポートのサンプル
 同社が作成するのは、疾患予防編と体質理解編の2種類のレポートだ。疾患予防編は、約80種類の病気についてその病気になる確率をまとめ、体質理解編は受検者の体質についてまとめたものだ。

「疾患予防編では、『特定の病気にかかる確率が日本人平均と比べて2倍あるので、あなたにはこのような予防行動がおすすめです』などのアドバイスを示します。体質理解編は、『あなたは葉酸を摂取しても、体内で利用できる形に変換する酵素の活性が40%低いので、積極的に葉酸を摂取してくださいね』といった体質と食生活のアドバイスなどをまとめたものです。中には、結果を見て不安を覚える方もいますので、オンラインでカウンセリングを受けられるサービスも提供しています」(茂垣氏)

この記事の続き >>
・究極の個人情報を扱う同社が、外部からの攻撃と内部犯行を防ぐために選択した“3つの製品”
・「自宅から」でも安全にシステムを運用・保守する仕組み
・「在宅リモート保守」がかなえる事業継続性と効率化

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!