開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社セールスフォース・ドットコム提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/10/19

事例:製造業のDX化はもはや急務、“止めないサービス”実現のカギとは

顧客が、販売店を介さずともメーカーとダイレクトにつながることができるようになった結果、メーカーではなく顧客が主導権を握る時代になった。よってメーカーには顧客体験を重視した戦略が求められるが、実際は、まだメーカーと顧客の認識の間には大きなギャップがあるようだ。そうした中、製造業のサポート領域で新たな顧客接点となる、IoT監視サービスをわずか2カ月間で立ち上げた老舗機械メーカーがある。その事例について紹介しよう。

photo
これからの製造業に求められる顧客体験とは?
(Photo/Getty Images)

顧客は製品より“良い体験”を求めている

 業界を問わず顧客体験(CX:カスタマーエクスペリエンス)が重視されるようになり、近年では各社がさまざまな戦略を練っている。だが、企業と顧客の間には依然として隔たりがあるようだ。セールスフォース・ドットコムが実施した調査によると、顧客の7割以上が「製品やサービスからより良い体験を求めている」一方で、企業の6割が「自社の価値は製品やサービスである」と考えているのだという。

 この大きな乖離は、一般消費財に限ったことではなく、モノづくりを中心とした生産財においても同様だろう。顧客は、当然、製品への期待は持ったまま、加えて「より良い体験」も求めているのだ。このような消費者マインドの変化により、製造業では、製品購入後の保守やアフターサービスがますます重要になっている。顧客との重要な接点の1つであり、購入前から購入後、そして永続的に活用してもらうために「End to End(エンド・ツー・エンド)」でつながるより良い体験が、自社ブランドの差別化要因になるからだ。

 そこで、営業やマーケティング、製造現場、エンジニア、さらに自社製品が連携し、顧客と強固なつながりを築くために、デジタル技術の導入が求められる。第4次産業革命のもと、コネクテッドインダストリーズが世間で叫ばれて久しいが、メーカーの「DX(デジタルトランスフォーメーション)」は急務となっている。

 とはいえ、残念ながら、DXを目標に掲げるメーカーの中には、単にデジタル化を行うのみで終了してしまうケースも散見される。デジタル化はあくまで目的を達成するための“手段”であって、それ自体が目的ではない。何を変革するためにデジタル化するのか、その目的を明確にし、そのために必要なツールやソリューションを導入するということを肝に銘じたい。このような考え方に沿って、顧客とダイレクトにつながり、DXを実現した板金加工機械メーカー、アマダのIoT活用事例を見てみよう。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!