開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本情報通信株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/12/02

本気で取り組む「SAP 2027年問題」、S/4HANAに必要な“メモリ100倍超”を実現するには

2027年末に「SAP ERP 6.0」のサポートが終了するのを受けて、インメモリデータベースを中核とする「SAP S/4HANA」への移行を検討する企業が増えてきた。そこで必要になるのが大量のメモリだ。一般的には、従来の100~200倍のメモリが必要になるとされる。一方、インテルアーキテクチャのサーバは、搭載できるメモリの上限が6TB(テラバイト)であることは、あまり知られていない。この2つの事実から浮かび上がる問題とは何か。対策とともに解説する。

photo
SAP S/4HANAはメモリ部分にデータを集約するため、場合によっては現在の100~200倍のメモリが必要だと言われている
(Photo/Getty Images)


「SAP S/4HANA」に必要なメモリは従来の100倍~200倍、そこで起きる問題とは

 大手企業を中心に多くの企業で利用されているERPシステム「SAP ERP 6.0」のメインストリームサポートが、2027年末に終了する。それに伴って「新しいERPをどうするか」が、いわゆる「SAP 2027年問題」だ。

 当初、サポート終了は2025年末の予定だった。それが2年延長されたことで若干の時間的余裕はできたが、ERPの移行が大規模かつ時間のかかるプロジェクトになることを考慮すると、重い腰を上げ「真剣に取り組む」企業も増えてきたようだ。

 移行先の最有力候補は、もちろんSAP自身も推奨しているSAP S/4HANA(以下、S/4HANA)になるだろう。インメモリデータベース「SAP HANA」を中核とするS/4HANAであれば、従来はディスクに格納していたデータやアプリケーションを、メモリ内で実行・処理できる。パフォーマンスが圧倒的に向上するのは、誰の目にも明らかだ。

 ただし、必要なメモリも圧倒的に増える。一般的には、現在のメモリ量の100~200倍が必要とされる。それを示したのが、次の表だ。たとえば表のA社の場合、現行のメモリ量が135GBなのに対し、S/4HANAにすると1万8650GB(18.65TB)と138倍ものメモリが必要になるのである。

画像
S/4HANA化によって必要となるメモリ量

 「それはやむを得ない。準備するしかない」と思われるかもしれないが、実は大量のメモリを準備しただけでは問題は解決しない。

 インテルアーキテクチャのサーバ(IAサーバ)の場合、搭載できるメモリの上限は6TBである。インメモリデータベースの場合、大量のデータをメモリ内に格納するため、万が一の障害に備えてミラーリングが必要になる。このため、実質的に利用できるメモリの上限は3TBになるのである。

 前述のA社が必要とするメモリ18.65TBは、すでに3TBを軽くオーバーしている。現行の100~200倍ものメモリが必要となると、こうした企業が、今後、続出する可能性があるのだ。S/4HANAへの移行を検討している企業は、この事実を正しく認識しているだろうか。

この記事の続き >>
・SAP S/4HANAにとっての理想の環境を実現できるハードウェアとは?
・メモリ増設ができなくなった大手総合化学メーカーA社、多くの企業が同様の問題に直面する?
・S/4HANAへの移行後の運用をスムーズにするための方策とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!