開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

シスコシステムズ合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/11/18

今こそ「オフィス」のネットワーク環境を見直すべき理由

新型コロナウイルス感染症対策として、わずか数カ月の間にテレワークや在宅勤務が急速に普及した。今後もリモートワークとオフィスワークを併用したハイブリッドな働き方が、新たな常識として定着していくだろう。そこで企業としては在宅環境だけでなく、新時代の働き方に合わせたオフィス内のICT環境を整備する必要がある。特に最優先事項となるのは、フリーアドレスとモバイル端末の利用を前提としたネットワークインフラ環境の見直しだ。

photo
ウィズコロナ時代の働き方を根本で支えるのはネットワークだ
(Photo/Getty Images)

在宅勤務とオフィスでの業務を併用する「ハイブリッドワークスタイル」

 2020年、突如として新型コロナウイルス感染拡大が起こり、多くの企業で働き方に変化が生じた。特に象徴的だったのが、テレワークの急速な拡大である。

 半ば強制的にという形ではあったものの、多くの人がテレワークを実践したことで、テレワークが可能な業務であれば在宅でも十分に働けることが証明された。モバイルPCやリモートアクセスなどのネットワーク、コミュニケーションツールなど、テレワークに必要な環境を企業が積極的に整えてきた成果でもあるだろう。

 これらの整備は今後も引き続き必要だが、実はこれから改めて考えなければならないのが、「オフィス側」の環境整備である。ウィズコロナだけでなくアフターコロナにおいても、在宅勤務とオフィスでの業務を併用する「ハイブリッドワークスタイル」へと移行する方向に進んでいる。

 そこではオフィスに求められる役割も変わってきている。オフィス内でもフリーアドレスや多数のモバイル端末が接続するネットワーク環境を前提とし、リモートやモバイルに最適化した環境へと変えていかなければならない。それができなければ、ハイブリッド化した働き方のメリットを享受できず、従業員の生産性低下は避けられないだろう。

 そして当然ながら、そうしたITインフラの運用・管理に手間やコストがかかってしまっては本末転倒だ。理想とするのは「運用が容易なインテリジェントなネットワーク環境への移行」である。それに向けた最初の一手として、どこから手をつけるべきだろうか。

この記事の続き >>
・なぜハイブリッドな働き方ではオフィスネットワークの整備が必須なのか
・キーになるのは「インテリジェントなスイッチ」
・ワイヤレス環境でデバイス接続を切らないために必要なものとは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!