開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Okta Japan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/13

ワークスタイル変革に必須の“ゼロトラスト”、なぜ「アイデンティティを境界に」構築すべきなのか

新型コロナウイルスの影響などにより、多様な働き方が推進されている。業務基盤のクラウドシフトや業務用デバイスの多様化などにより、従来の「境界防御」によるセキュリティ対策は限界を迎えている。従来の境界防御を超えた「ゼロトラストセキュリティ」をいかにして実現するか。利便性と安全性を両立する「アイデンティティを境界にした」ゼロトラスト実現のポイントを紹介しよう。

photo
なぜ「アイデンティティを境界に」ゼロトラスト環境を検討すべきか
(Photo/Getty Images)

「境界防御」のセキュリティ対策は限界にきている

 ビジネスのデジタル化が進み、コロナ禍によりテレワークへの移行が進んでいる昨今、ワークスタイル変革の機運が高まっている。スマートフォンをはじめ業務で利用するデバイスは多様化し、業務アプリケーションはSaaSなどクラウドでの利用が普通になった。

 「IT運用」そのものも変わりつつある。自社のデータセンターで、オンプレミスのシステムを運用するのではなく、クラウドのさまざまなサービスを組み合わせて使うことが当たり前となり、今や従業員が社外からインターネット越しにシステムにアクセスする状況が増えている。

 こうした状況下で、サイバーセキュリティ対策も変化している。従来のような、インターネット(社外)と社内ネットワークを境界によって区別し、外部からの攻撃を境界で防御することを主眼とする「境界防御」の考え方が通用しなくなってきたのだ。

 そこで注目されているのが「ゼロトラストセキュリティ」の考え方だ。これは、ユーザーやデバイスを「決して信頼せず、常に確認する」ことを基本とするもので、データやシステムへのアクセスのたびに認証を行い、「確認されたユーザーやデバイスのみが、適切なリソースに、適切な権限でアクセスできる」ようにする考え方だ。

 企業は、利用者である社員がネットワークの内外のどこにいるかを意識せず、クラウド、オンプレミス双方のシステムを自由に、安全に利用できる仕組みを整備することが求められているのである。

では、ゼロトラストセキュリティをどのように実現すればよいのか。鍵を握るのは利便性と安全性を両立する「アイデンティティ管理」だ。本稿でアイデンティティ管理によるゼロトラストセキュリティ実現への道を探っていこう。

この記事の続き >>
・アイデンティティ管理を軸にゼロトラストセキュリティを実現する方法
・ゼロトラストセキュリティの3つの構築ステップ
・全世界で約9000社の導入実績

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!