開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社イグアス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/12

障害対応の負荷軽減、成功事例から学ぶ「効率的なデータ基盤構築」の条件とは

DX推進にデータ基盤の強化は必要不可欠だ。そのため、各企業はコスト効率の良いデータ管理・保護の実現を目指し、あらゆる選択肢の中から最適解を模索している状況がある。ここでは、そうした企業のストレージ製品の利用動向などを踏まえつつ、最新データ基盤構築のポイントを解説したい。

photo
コスト効率の良いデータ管理・保護を実現する、データ基盤構築のポイントを解説する
(Photo/Getty Images)
 

データ基盤構築に欠かせない「セキュリティ」の視点

 ここ数年、企業のストレージ製品利用の動向としては、HDDより高速なSSDが安価に手に入るようになったことで、仮想マシンや各種データのバックアップ先としてSSDが利用されるケースが増えてきた。こうした変化に伴い、ストレージ領域で部分的にSSDを利用するアプローチだけでなく、データ基盤をオールフラッシュストレージ化する企業も増えてきた。

 また、扱うデジタルデータの急増により、企業がストレージの仮想化を進める動きも加速している。こうした中、複数サーバをまとめて1つのストレージプールを構築するために、「SDS(Software-Defined Storage)」を活用するケースも増えているという。

 こうしたデータ基盤の構築と同時に考えるべきなのがセキュリティ対策だ。データ基盤の構築とセキュリティ対策を両輪で進めていく上で、どのような点に注意すべきなのだろうか。ここからは、企業の要となる最新のデータ基盤を実現していくためのポイントについて、事例を交えながら解説していこう。

この記事の続き >>
・効率的なデータ基盤構築のヒント
・ポイントは、「SSDの有効活用」と「ストレージ仮想化」
・某旅行代理店のデータ基盤構築の事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!