開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アイテック阪急阪神株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/29

AWSとオンプレの接続、最適解は?速度・セキュリティ・信頼性の3拍子を揃える方法とは

外部環境が激しく変化する昨今、多くの企業は従来業務の在り方の見直しを迫られている。こうした中、「必要な時に、必要なだけ、低価格で」ITリソースを調達できるクラウド活用が広がっているが、はたしてクラウドの特性を十分に理解し使いこなせている企業はどれだけあるだろうか。ここでは、改めてクラウド活用のポイントや接続回線の選定法などを解説する。

画像
クラウドの特性を十分に理解し使いこなせている企業はどれだけあるだろうか。ここでは、クラウド活用のポイントや接続回線の選定法などを解説する
(Photo/Getty Images)
 

クラウド活用で新たに必要となるネットワークへの配慮

 新型コロナウイルスの感染拡大における対応は、企業によって明暗が分かれているようだ。たとえば、人との接触を避ける社会的な行動変容に苦戦を強いられる企業がある一方で、リモートワークやネット通販などをいち早く事業活動へ組み込み、競争優位を獲得し業績を伸ばす企業も存在する。まさしく、変化は“危機”であり“好機”でもあると言えるだろう。

 こうした環境変化に合わせて、多くの企業は社内のITインフラをはじめとしたシステム面の変革を進めた。その際、企業の「必要な時に、必要なだけ、低価格でITリソースを調達したい」というニーズに応えることができたのがAmazon Web Services(以下、AWS)に代表されるクラウドサービスだ。

 AWSなどのクラウドサービスでは、その特性から事業基盤であるシステムの柔軟性を抜本的に高められ、オンプレミスの環境では到底困難であった短期間かつ低コストでのシステム環境構築が可能になるのだ。

 ただし、クラウドサービスは便利な反面、使いこなして新たな価値創出につなげるには、抑えておくべきポイントがいくつかある。ここからは、クラウド活用に欠かせない注意点を解説したい。

この記事の続き >>
・クラウドサービスの特徴を十分に生かしきれているか?
・VPN接続より信頼性の高いアクセス回線とは……
・いかに「通信コスト削減」「耐障害性アップ」を実現するか
・CATV事業者のベイ・コミュニケーションズのクラウド活用事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!