開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/12/21

なぜ日本のクラウド活用は無駄が多いのか? ITの「深刻なコスト増」を防ぐ方法

企業のクラウド活用が進み、システムはますます複雑化している。レガシーなオンプレミスのシステム、複数のパブリッククラウドにまたがるクラウドネイティブなシステムなどを適切に管理できている企業は、どれくらいあるだろうか。こうした状態を放置すると、多種多様の複雑で深刻な問題が発生する。ここでは、具体的に発生する問題と、問題を回避してハイブリッド・マルチクラウドを効果的に活用する対策を整理する。

photo
なぜクラウド利用には「無駄」が多いのか?
(Photo/Getty Images)
 

当たり前になったハイブリッド・マルチクラウド環境が抱える3つの課題

 今やパブリッククラウド活用は、企業システムのインフラとして当たり前の選択肢になった。さらに最近は、クラウドの多様化も進んでいる。Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft AzureやGoogle Cloud Platform(GCP)など、複数のクラウドを目的に応じて組み合わせる活用例も少なくない。

 一方で、オンプレミスのニーズも依然として高い。特にハイパフォーマンスなシステムや高いセキュリティを求められるシステムでは、オンプレミスにメリットを見出す企業は多い。現実に、いったんはクラウドで運用したシステムをオンプレミスに戻す例もあるようだ。

 このように、企業システムはハイブリッド・マルチクラウド化が急速に進んでいる。そこでは、複雑化したシステムの運用を始めとするさまざまな問題が起きている。

 1つは「コスト」だ。従量課金型のクラウドは、そもそもコストの見積もりが困難だ。また、組織ごとにバラバラにクラウドを導入すると、企業全体としてのコストが見えなくなる。使われなくなった仮想マシンやストレージが放置され、ムダなコストが発生していることも多い。

 2つ目は「リードタイム」だ。通常、クラウドサービスが利用可能になるまでには、ユーザーの申請を起点とした承認プロセスがあり、承認後はIT部門によるクラウド側の環境設定などが必要になる。大企業になると、それだけで10日かかることも少なくない。途中で変更ややり直しなどが発生すると、リードタイムはさらに伸びてしまう。

 そして3つ目が「サービス品質」だ。複雑化したシステムを人手に頼って管理すれば、必然的にヒューマンエラーのリスクは高まり、サービス品質の低下を招く。この3つの課題を解決し、ハイブリッドクラウドを適切に運用するにはどのような仕組みが必要になるのだろうか。

この記事の続き >>
・課題解決に必要となる新しい管理の仕組みとは?
・ハイブリッド・マルチクラウド環境における“コストが見えない”問題
・大手企業事例:組織の壁を超えたサービス単位でのクラウド活用を実現

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!