開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ニュータニックス・ジャパン合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/02/12

ハイブリッドクラウドのサイロを解消、ITインフラを無理なく進化させる方法とは

現業をデジタルトランスフォーメーション(DX)し、新たなビジネスやサービスをスピーディに市場に展開することが企業にとっての重要なテーマとなっている。企業ITの基盤もクラウドファーストが求められ、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドを活用する企業が増えつつある。一方、それぞれの環境に新たなサイロができ上がり、管理が複雑化する課題も指摘されている。ITインフラの環境間のギャップをいかに解消し、ワークロードのポータビリティを実現するかについて、最新動向を紹介する。

photo
クラウドの弱点を克服し、IT運用をシンプルにするには
(Photo/Getty Images)

DXが脚光を浴びる中でなぜ「クラウドファースト」が叫ばれるか

 ビジネスのデジタル化が進み、企業はさらなる競争力確保に向け、新しいビジネスモデルやサービスをスピーディに市場にリリースしていくことが求められる。こうしたDX時代に、企業のITインフラについては「クラウドファースト」が盛んに提唱される。

 オンプレミスに構築される、従来通りのレガシーシステムは、調達リードタイムの長さや一括投資の高額さ、拡張性の低さや運用負荷の高さ、災害対策の大変さ、古い技術や手法を用いることによる運用の複雑さにより、スピーディなサービスリリースと継続的な改善が難しいという課題を抱えている。

 ここ十数年ほどの間に、ITインフラは仮想化されることが当たり前となり、単純なサーバー台数やリソースの利用効率は高まった。その一方で、仮想化環境を支えるハードウェア群に目を向けると、さまざまなコンポーネントを複雑に組み合わせた構成となっており、設計や構築の高難度化、運用工数の増大を招いていた。あらゆるビジネスが何らかの形でITによって支えられている現代社会において、このようにスピード感と柔軟性を失ったITインフラは、ビジネスの成長やDXの実現を妨げるボトルネックになりかねないと言えるだろう。

 これが「クラウドファースト」の背景にある、企業における従来のITインフラの抱える課題だ。一方、近年目覚ましい速度での急成長を続けている巨大テック企業のITインフラはどのようなものだろうか。そしてこのような先進企業のたちの取り組みを自社で取り入れるには何が必要なのだろうか。

この記事の続き >>
・ハイブリッドクラウドが合理的なITインフラである理由
・英国ダービー市が直面したパブリッククラウドの課題
・ハイブリッドクラウドのサイロ化を防ぐには

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!