開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アステリア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/12

人材不足でもDXをあきらめない! 秘訣は「ノーコードでのデータ連携」にあり

コロナ禍の影響もあり、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが一層加速しているが、現実には多くの企業がまだ道半ばである。その原因の1つとして、DXではデータの活用が不可欠であるが、それを推進するためのITエンジニアが不足しているという課題がある。ビジネスに合わせて迅速にシステムを構築していくには、内製化が有効な手段だが、そこにはIT人材が必要だ。このギャップをどのように解消していけばよいだろうか。

photo
深刻なIT人材不足の中、DXを成功させるためには「ノーコード開発」の活用が必須だ
(Photo/Getty Images)

エンジニア不足の中で内製化はできるのか

 DXを実現するアプローチはさまざまだが、重要となる1つの観点は「スピード感」である。変化が激しいビジネス情勢に対応していくには、日々の業務を支えるシステムを状況に応じていかに迅速かつ柔軟に対応していけるかがカギとなる。

 だが日本では、システム開発や変更を外部のSIer(システムインテグレーター)に委託しているケースが多く、これでは開発にも時間がかかってしまううえに、社内にノウハウも蓄積されていかない。そこで業務システムの一部を内製化して構築するという選択肢が有効になる。

 だが仮に内製化の体制ができたとしても「万事解決」とはならないだろう。現在では、クラウドサービスの活用が一般的となり、さまざまなシステムが業務で利用される中、それぞれのシステムで保存されたデータを連携させる「データ連携」の仕組みも複雑化していく。その際に陥ってしまうのが、システムの乱立によるサイロ化である。

 部分的に業務を効率化したはいいものの、システムが独立することによってシステム間の連携が自動化されず、そこをまた独自に手組みのプログラムを構築してつなぐことになれば、より社内のIT人材に重い負荷がかかってしまい、人材不足に拍車がかかる。

 そこで期待されるのが、プログラミングの知識がなくても現場レベルで業務システム間の連携を実現できる「ノーコード開発」が可能なデータ連携ツールである。これならばIT人材が豊富にいなくとも、社内の自動化を強力に推進できる。

 だがノーコード開発といっても、市場にはさまざまな特徴を持った多くのツールが存在している。その中で、DXの推進を目的としたユーザー企業が、内部の業務システムの開発体制を内製化するために、どのような要件に着目すればよいのだろうか。

この記事の続き >>
・DX推進にノーコード開発が必要とされるワケ
・ノーコードでIT人材に頼らずシステム連携が可能に
・100%の内製化やRPAを用いたDX事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!