開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/23

DXで疲弊するIT運用部門…「AI」をどのように活かせば楽になる?

デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業は、クラウドやコンテナ、マイクロサービスなどのテクノロジーの活用を進めている。一方で、ITサービスの停止やパフォーマンスの低下がビジネスに及ぼす影響はますます大きくなり、複雑化したITシステムの運用担当部門のプレッシャーは高まるばかりだ。こうした課題解決に注目されるのが、AIによって運用を効率化する「AIOps」だ。なぜAIOpsが必要とされ、どのように運用管理の現場を変えるのか、紹介しよう。

photo
DX時代で複雑性を増す「IT運用」をどうするか
(Photo/Getty Images)

IT運用の生産性向上は、DX実現にもはや不可欠

 DXに取り組む企業が増えることによって、企業ITの運用の現場ではさまざまな変化が生じている。まずは、「環境の多様化」だ。企業の62%はハイブリッドクラウドを採用しているといわれ、ITリソース配置の場所や運用形態はますます多様化している。

 また、「プロセスやマインドセット」の変化も挙げられる。プロセスやツール、カルチャーなど、より俊敏性が高い方法や役割への対応が求められている。そして、「運用体制やコラボレーション」の変化もある。DevOpsに代表される、運用、開発、事業部門など複数の組織にまたがる運用管理が求められている。

 当面、レガシーシステムとクラウドネイティブなシステムの共存は続く。IT運用の現場には、ハイブリッド/マルチクラウドを管理する人材、スキルが必要となる。ハイブリッド/マルチクラウド環境のすべてでシステムは複雑に関係し合い、部署によるアカウントの違いや、テクノロジーの違いにより運用の複雑性はますます増していく。

 少子化や労働力人口の減少などによるIT人材の減少も相まって、運用の現場にかかる負荷が高まる一方だ。運用現場の生産性を向上させる取り組みが遅れれば、ビジネスの成長を阻害させかねない状況だといえる。

 こうしたIT運用現場の課題を解決するには、どのような方法が効果的なのだろうか?

この記事の続き >>
・「AIOps」とは? AIによって運用を効率化&高度化できるのか?
・実現するための3つのステップ
・海外の導入企業3社の事例、スピードだけでなく正確性も向上

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!