開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本オラクル株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/17

なぜ「単純なクラウド化」だと失敗するのか? ポストコロナに“伸びる会社”の条件

新型コロナウイルス対策で、大企業のみならず中堅中小企業にもリモートワークの波が押し寄せ、働く環境が大きく変わった。そして今後コロナ禍が収束したとしても、もはや以前の働き方には戻れないとする意見も聞かれる。では、“ポストコロナ”の新しい時代にふさわしい働き方とはどのようなものであり、それを実現するにはどのようなアプローチが必要となるのだろうか。本記事では、カギを握るITシステムについて、具体的にどのようなソリューションを活用すべきかについて解説する。

photo
単なる「オンラインへのシフト」ではDXはうまくいかない
(Photo/Getty Images)

コロナ禍で変化したのは働く環境だけではない

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、昨年より在宅勤務を含むリモートワークが急速に普及している。この動きは大企業だけでなく中堅中小企業も同様であり、業種業態・規模を問わない大きなムーブメントとなっている。

 では、仮に今後、コロナ禍がある程度の沈静化を見せた時、「発生前」の状態に戻すことが果たして「最善」なのだろうか?

 緊急事態宣言下をはじめ、コロナ禍突入後にリモートワークで業務を遂行してきたこれまでの期間に、従業員を取り巻く状況は大きく変化している。これまでのオフィス中心としたものから労働環境が違っていても、ある程度着実な業績を残すことができるようになったり、家庭や自分自身との向き合い方を再認識したという人も多いのではないか。

 時代の常識そのものが変化したとも言える今、リスクを避けてビジネスを遂行していくためには、発生前の状況・状態に戻ることが必ずしも正しいとはいえないだろう。

 これからは、世の中の変化にも新しい働き方にも対応しやすい情報システムが必要だ。チャットやWeb会議など一部のツールだけではなく、企業の基幹業務を支える中心的なシステムも、これを機に時代に適合したものに刷新する好機である。その上で必要な視点を考えてみたい。

この記事の続き >>
・なぜ、現行のシステムを単純にクラウド化しただけではダメなのか?
・“できない企業”にならないためのIT活用術
・既存の人材のまま前年比売上150%を達成した企業も

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!