開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan 合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/29

Win 95が現役?製造業のセキュリティ対策が一筋縄ではいかないワケ

一般的に「セキュリティ対策」と言うとサーバやネットワーク、PCなどのITシステムを思い浮かべるだろう。しかし、こと製造業においては、工場の製造機械や工程を監視・制御する「Operational Technology(OT)」のセキュリティ対策も忘れてはならない。特にIoTへの取り組みを強化している企業ならばなおさらだ。しかしOTセキュリティには、一筋縄ではいかないワナが存在している。

photo
危機意識の低い製造業は、すでに狙われているかもしれない
(Photo/Getty Images)

重大インシデント多数、製造業で注意すべき「OTセキュリティ」

 現代において、ITシステムに対するセキュリティ対策を実施するのは企業にとって当然のことだ。 一方で、工場などの生産拠点を持つ製造業の企業では、その製造現場におけるセキュリティ対策も重要になっている。生産ラインや工程を監視・制御するシステムを制御・運用する技術「Operational Technology(OT)」の脆弱性を狙うセキュリティの脅威が深刻化しているのである。

 その背景には、IoT(モノのインターネット)に代表される技術の進化がある。モノやヒトが自在にデータをやり取りできる時代となった現在、工場とインターネットを結んでシステムを制御し、新たな価値を生み出そうとする動きが進んでいる。これまでインターネットとは無縁だった工場がインターネットとつながり、当然、サイバー攻撃の脅威にさらされることになるのだ。

 特に電力をはじめとする社会インフラを担う企業の場合、万が一、攻撃を受けたときのインパクトは桁違いに大きい。実際、2010年にイランの核施設を停止に追い込んだマルウェア「Stuxnet(スタックスネット)」によるサイバー攻撃は、世界中の電力会社のセキュリティへの考え方を大きく変えたと言われている。

 製造業においても状況は同様だ。2020年6月には国内でもホンダがサイバー攻撃によって国内外の工場を一時停止に追い込まれた例が記憶に新しい。

 こうした事例を見れば、製造業においてはITセキュリティだけでなく、OTセキュリティも同時に対策しなければならないのは明白だ。ただ、OTセキュリティの重要性にまだ気づいていない企業や、気づいていてもどう対策すれば良いのか分からないという企業が大半を占める。

 以降では、既存のOTセキュリティに隠された落とし穴、そしてITセキュリティとOTセキュリティを同時に強化していく方法について詳細に解説していく。

この記事の続き >>
・「Windows 95」が現役?製造現場のOTセキュリティの実態
・OT領域のセキュリティ対策には、IT領域の実績が生きる
・インテルにBMW、ダイムラーも導入しているIT/OTセキュリティとは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!