開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社はてな提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/06/16

はてなが取り組む「DevOps」、運用や営業担当を巻き込みDXに導く方法

デジタルトランスフォーメーション(DX)の目的の1つは、企業がデータやデジタル技術を活用し、社会や顧客ニーズに柔軟に対応できるサービスや製品を提供できるようにすることだ。DXへの取り組みが活発化する今日では、自社内でなんらかのソフトウェアやシステム開発・運用に関わる企業も増えているだろう。そこでぜひ取り入れたいのが、アプリケーション開発と運用が協調するDevOpsの手法である。これをどのように取り組んでいくか、そのアプローチの1つを解説する。

photo
組織にDevOpsの考えを浸透させ、デジタル変革を成し遂げるシンプルな方法とは?
(Photo/Getty Images)
 

相反するチームの協調に、デジタル変革のヒントがある

 DevOpsは、アプリケーションを開発するチーム(Development)と運用するチーム(Operation)が互いに協力し、迅速に構築と検証を繰り返せるようにすることで、これまで以上に柔軟かつスピーディに新しい機能をリリースしていく組織体制を目指すものだ。

 開発チームのミッションは、ユーザーのニーズを満たすために新しい機能を次々と提供することだ。一方、システムを安定的に稼働させたい運用チームにとっては、なるべく変更のリリースは避けたいと考えるのが自然だ。また経営層やビジネス部門は業績やビジネスへの影響を重要視する。このような中ではそれぞれの利害が一致せず、ともすれば対立してしまいかねないのだ。

 DevOpsの手法では、さまざまなツールを活用しながら、開発環境から本番公開までの一連の流れを自動化して効率化を図り、情報の可視化を行い共有する。すべてのメンバーがビジネスの価値を高めていくことにフォーカスすることを目指すのだ。

 この考えを組織に応用するには、開発者だけでなく、携わるその他の関係者にもアプリケーション開発に関わる前提知識を知っておくべきである。DevOpsを実現するためのツールは世の中に多数提供されているが、ただ導入すればよいわけではない。従来のアプリケーション開発や組織運営で生じてきた課題を知りながら、その上でなぜDevOpsが有効かを理解するとより導入も進むのである。DevOpsの考え方を応用して組織全体を変革していく方法を紹介しよう。

この記事の続き >>
・計測できる基準の共有が組織の協調を促す
・チームメンバーと共通の指標を共有する簡単な方法
・DevOpsの考え方は、ビジネス面にも良い影響を与える

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!