開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

アステリア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/05

DX成功のカギは「データ連携」、なぜ非エンジニアが「工数1/30」で実現できたのか

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進には、システムやサービス間のデータ連携は欠かせない。というのも、これまで収集・蓄積してきた社内外のデータを活用することが、DXのスタートラインになるからだ。しかし現状では散在するシステムやサービスをうまく連携できず、最初の一歩を踏み出せていない企業も多い。特にデータ活用で重要なバックエンドでのシステム連携は、エンジニアでないと対応できないことが多く、なかなか進められないこともよくある。人材不足の中で、企業がシステム間のデータ連携を非ITエンジニアでも開発できる方法を探った。

photo
DXのスタートラインとなるデータ連携を、非エンジニアも簡単にできる方法がある
(Photo/Getty Images)

企業のデータ活用が進まない「2大要因」

 いま多くの企業が「DX(デジタルトランスフォーメーション)」というキーワードをもとに、業務の自動化やデータ活用を推進しようとしている。しかし、思うように進められず頭を抱えている担当者も多い。

 データ活用が進まない原因は大きく2つ挙げられる。1つ目は、昨今クラウド化が進んだことで、独自のシステムやサービスが乱立するようになり、サイロ化が起きていることだろう。そのため、システムごとにデータが分断され利活用することが非常に難しくなっているのだ。データを活用するには、データを「資産」として十分に使える状態にしなければならないが、肝心なデータ連携ができていないわけだ。

 システムやサービスが増えてくると、それぞれのデータや連携の仕方が複雑になる。APIによる接続手順もそれぞれで異なるので、技術の習得や開発の工数も増えてしまう。企業の台所事情もあり、予算が切り詰められる中で工数内に収めるには、効率の良い開発によって導入期間を短縮する必要がある。

 2つ目の原因は、ITエンジニアの不足だ。そもそもDXを進めるには、システムを新しい環境に置き換えなければならないが、社内にDXを推進するIT人材(DX人材)がいないため、いまは開発自体が難しい状況にあると言えるだろう。

 それならば「開発を外部に委託すれば良いのでは?」と考える向きもあるだろう。しかし外部に任せるのも、自信を持って最適解とは言いがたい。たとえ人材を確保できたとしても、外部にシステム設計を一任してしまえば、自社にノウハウがたまらないという問題も残る。データを柔軟に活用する際に、根本の仕組みが分からなければアウトプットも迅速に行えない。

 したがって人材面では、いかに内製化できるようにするのか──つまり人材不足の中で、どうやって非エンジニアをDX人材に転換させていくかという点も大きなポイントになってくるのだ。では、なかなか進まないDXを一歩前に進めるためには一体どうすればよいのだろうか。

この記事の続き >>
・DXのスタートライン「データ連携」、誰でも簡単にできる方法
・なぜ、「誰でも超高速開発」が可能なのか
・非エンジニアが「30分の1」の工数でデータ連携した星野リゾート

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!