開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SAS Institute Japan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/06/29

今後生き残る「通信業」とは? カギ握る「顧客理解」のためにすべきデータ分析の手順

いまの通信業界にとって、「通信業務以外における収益向上」と「通信業務の安定運用と収益の最大化」は大きな経営テーマだ。これらを実現するには、データ活用は欠かせない。そこで今回はデータから顧客の動向や好み、行動パターンなどの属性をつぶさに読み取り、これまでは実現できなかった精度の高いマーケティングやリスク管理を実現するために必要な考え方、取り組みの重要ポイントについて、専門家らに解説してもらった。

photo
これからの通信企業のテーマ「顧客理解によるサービス提供」は、顧客データプラットフォームの構築と顧客分析がカギだ
(Photo/Getty Images)

顧客理解の基盤となる「顧客データプラットフォーム」

 現在、業界問わず企業にとって最も重要なテーマの1つが「顧客理解によるサービス提供」だ。とりわけ通信会社は、モバイル端末やインターネット利用を通じて、広く顧客の生活に関わっている。多くの接点から得られるデータをもとに、いかに顧客を深く理解し、自社の優良顧客に育てていくかが、成長の重要なポイントとなるのは言うまでもない。

 契約情報はもちろん、通信サービスの利用状況、金融決済情報やポイント活用など、多種多様なデータを効率的に収集し活用するためには、すべてのデータを一元的に取り扱える「顧客データプラットフォーム」が不可欠だ。

 このプラットフォームが実現できれば、個人の趣味・嗜好といったマーケティング的な知見だけでなく、与信関連データによるリスク許容度の評価なども可能になる。最大のメリットは、多面的に顧客の生活範囲や行動を理解して、そこから得た顧客像に最適なデータ活用のユースケースを描けることだ。

画像
顧客データを中心に備えたサービス展開が肝となる

 以降では、そのデータ活用の具体的な手順やポイントを多面的に紹介していこう。

この記事の続き >>
・通用しなくなった従来手法。データから的確な意思決定をするには?
・企業が陥りやすい失敗、成果を求める前にすべきこと
・コロナ禍以降、不正検知の的中率が低下。これからすべき「不正対策」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!