開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ヤプリ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/25

なぜ、リンナイは「顧客接点作り」にスマホアプリを採用?BtoBアプリが選ばれる理由

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、非対面・非接触によるビジネスコミュニケーションが浸透してきたが、同時に課題も浮彫りとなってきている。たとえば、非対面・非接触を可能にするため、顧客とメールやチャット、SNSなどを通じたコミュニケーションをとる企業が増えているが、受け取り手にはメールやSNSにより日々膨大な情報が送られてきており、その中から自社が配信した情報に目を通してもらうことは難しくなっている。こうした課題を解消し、顧客との関係を深める方法はあるのだろうか。

photo
顧客との関係を深める方法として、メールやチャット、SNSより優れた方法はあるのだろうか?
(Photo/Getty Images)

膨大なメールだけでは、顧客との意思疎通が難しい理由

 コロナショックをきっかけにオンラインを通じたコミュニケーションが浸透し、今や「非対面」「非接触」を前提とした接点作りがビジネスの鍵を握るようになった。実際に、B to B領域における企業間のコミュニケーションを見ると、メールやWebサイト、チャット、SNSなどを通じた情報共有や情報伝達が増えてきているようだ。

 ただ、非対面・非接触のコミュニケーションが増えたことにより、下記のような課題も出てきているという。
  • Web上にコンテンツがあふれ、自社の情報を見てもらえない(情報の飽和)
  • 日々の大量のメールに大切なメールが埋もれ、十分な意思疎通が図れない(大量のメール)
  • 他社もオンラインツールを導入。自社の情報の存在感が薄れてしまった(競合との差別化)

 こうしたB to Bにおけるオンラインコミュニケーション上の問題を解消するためには、どのような対策を講じれば良いのか。その1つの対策手段として注目されているのが、取引先と直接クローズドな環境で情報共有をするための「B to Bのスマホアプリ」だ。

この記事の続き >>
・顧客との関係を深めるのに、メール・チャット・SNSより優れた方法
・「B to Bアプリ」とは?
・リンナイ・ヤマハミュージックの顧客接点作り

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!