開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ソリトンシステムズ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/23

「ハイブリッド」でストレージを最適化するには? クラウドの欠点を補う方法

日本国内でのクラウド移行の流れが加速している。政府が政府システムのクラウド利用を基本とする「クラウド・バイ・デフォルト原則」を提唱し、民間企業でもクラウドによるシステム刷新が進んでいる。多くの期待が寄せられているクラウドだが、環境構築に関する課題も懸念されつつある。それがデータ保存・管理を担うストレージ基盤の最適化だ。ストレージの観点から政府の利用方針の課題を解説し、その具体的な解決な方法を紹介する。

photo
クラウドストレージが流行しているが、機密情報を扱う「エンタープライズ向け」の最適解は何か?
(Photo/Getty Images)

クラウドへの期待が高まる一方、環境構築には細心の注意が必要

 2000年代に広く認知されるようになった「クラウド」。従来のオンプレミス環境と比べて、「効率性」「柔軟性」「災害対策」などの面で優位性があると言われている。

 一口にクラウドと言っても、利用形態に種類があり、特性もそれぞれ異なる。クラウド環境全体を自組織に最適な状態に整備することは簡単なことではない。コストや応答速度、情報漏えい対策などを考慮して最適化することが必要だ。

 また、安易にクラウドへ移行してしまうと、さまざまなリスクを伴う。特に、企業の競争力の源でもある「デジタルデータ」を保存するストレージには細心の注意が求められる。

 ストレージ基盤の最適化の第一歩は「保存環境と対象データの特性を理解する」ことだ。ここからは、その理解に役立つポイントと具体的な事例を踏まえて、ストレージ最適化の近道を紹介していこう。

この記事の続き >>
・多角的な観点で選択すべき保存先、代表5種と特性の違い
・データの種類別:絶対に欠かせない機能要件を整理
・ハイブリッド環境の構築に求められる「高度なストレージ仮想化技術」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!