開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

クラウディアン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/27

自社に最適なストレージはどれ? 5年後を見据えたデータ基盤に求められる条件とは

DX(デジタルトランスフォーメーション)の要はデータ活用にある。バックアップ用途からハイブリッドクラウド、コンテナ活用など、テクノロジーの変遷とともに、それらのデータを管理・格納するストレージ技術も最適化する必要がある。しかしながら、ストレージ製品には多様な選択肢があり、自社にとって最適な製品を選ぶことは簡単ではない。今回は、オブジェクトストレージに焦点を当て、将来を見据えたデータ管理・格納基盤の構築方法を考えてみる。

photo
企業にとって大きな選択となるストレージ基盤。先を見据え、賢く選びたい
(Photo/Getty Images)

多様化するIT環境に追随する「オンプレ型オブジェクトストレージ」

 ビジネスの価値を高めるため、データの活用が進展している。特に、動画や画像、デバイスの操作ログ、IoT機器のログなど、構造化されていない大容量データの分析が活発化している。そこで求められるのが、より効率的なデータ保管・管理の方法だ。

 従来のファイルストレージは、階層化されたフォルダにデータを格納・管理するが、オブジェクトストレージは階層構造を持たず、データをオブジェクト単位で保管し、個別識別子のオブジェクトIDによって出し入れできる。HTTPプロトコルを介したREST(Representational State Transfer)APIコマンドで操作できるため、場所を意識せずにさまざまな場所にあるアプリケーションから利用できる特徴を持つ。

 現在、組織のIT資産はオンプレミスだけでなく、プライベートまたはパブリッククラウドと連携したハイブリッド環境で使われることが多い。これに加えてマイクロサービスの活用など、クラウドネイティブなアプリケーションが活用されるため、オブジェクトストレージも盛んに活用されている。

 ところが、肥大化するデータを扱うオブジェクトストレージをパブリッククラウドで利用する場合、使い方によっては予期せぬ利用料が発生したり、あまりにも大容量だと移動が困難になったりするリスクがある。そこで注目を集めているのが、クラウド連携が可能なオンプレミス設置型のオブジェクトストレージだ。そのメリットや活用事例を紹介しよう。

この記事の続き >>
・必要なのは「従来の置き換え」ではない。次世代のデータストレージに求められる条件
・クラウド・仮想化・コンテナ、どの環境でも重要性を増すストレージ選び
・ランサムウェア攻撃に対抗する堅牢なバックアップシステム

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!