開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

オリックス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/15

新規事業開発が「絵空事」で終わるワケ、マーケットリサーチをDXせよ

産業構造が大きく変化する今、多くの企業がグローバルな新規事業の開発に活路を見いだそうとしている。しかし、ビジネス環境は複雑化しており、従来の方法でバリューチェーンを含む市場全体を正確に把握して、市場の成長性を見極めることは不可能に近い。デジタル技術を活用した新たな市場調査手法、いわばマーケットリサーチのDX(デジタルトランスフォーメーション)が必要になっている。

photo
注目すべき技術・市場をタイムリーに把握するには?
(Photo/Getty Images)

従来の調査手法では、もはや市場の把握はできない

 市場を観察し、取り組む事業の狙いを定めて素早く決断し、アクションにつなげる。新規事業開発において、こうした経営判断プロセスのスピードと精度を上げることは極めて重要だ。

 しかし、グローバル規模でドラスティックに変化している昨今の市場において、網羅的に、かつ高い情報品質で市場調査をスピーディーに行うことは困難を極める。さらに、把握すべき対象は、自社を含むバリューチェーンと、顧客の先にある顧客をも見据えた周辺市場まで広がっている。

 コンサルティング会社は高品質であっても、高額ゆえに頻繁に依頼はできない。自社で行うにしても適切な手法が見つからず、苦労して情報収集しても専門領域外では情報の網羅性、信頼性に自信が持てない。さらにグローバル市場が対象となれば、言語の壁もあり、限定的な情報収集にとどまってしまう。

 その結果、より広範に可能性を見極めるべき新規事業の検討を、既存事業の延長線上の限定的な材料だけでジャッジせざるを得ない、ほとんどの企業がこうしたジレンマに陥っている。課題を解決するためには、デジタル技術を活用した新しい市場調査手法、つまり「マーケットリサーチDX」が必要不可欠な時が来ている。

この記事の続き >>
・市場を網羅的、俯瞰的に把握するための“黄金則”とは
・調査はデジタルとアナログのハイブリッドがものをいう
・【大手化学素材メーカー事例】不可能を可能に。調査から市場参入まで約6週間!

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!