開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社SmartHR提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/08

70%が失敗…ペーパーレス化や業務効率化ツールに潜む「罠」とその回避方法

少子高齢化を背景に、日本の労働人口は急速に減少している。加えて副業の解禁やジョブ型雇用、人材の流動化など、働き方と雇用形態の多様化が進み、人事・労務部門の負担は増える一方だ。こうした中でデジタルトランスフォーメーション(DX)が求められるものの、「ペーパーレス化が進まない」「従業員のITリテラシー不足」といった声も多く聞かれる。そこで今回は、人事・労務DXがうまくいかない要因と、問題を解消するポイントを解説しよう。

photo
人事・労務DX成功のカギはどこにあるのか?
(Photo/Getty Images)

約80%の企業が取り組むも、そのうち約70%が“失敗”する

 日本の労働人口は、次の10年間で800万人も減少し、2030年には6800万人になると予測されている。働く人そのものが減る一方で、「働き方改革関連法」の成立等で1人ひとりの労働時間も削減傾向にある。加えてコロナ禍によるテレワークの浸透や副業の解禁、人材の流動化など、日本の雇用と働き方が大きく地殻変動している時代だ。

 こうした時代において、企業が持続的に成長していくためには、人事戦略がより重要になっていくことは間違いないだろう。その実行を担う人事・労務部門こそ、デジタルトランスフォーメーション(DX)が求められている。

 もちろん、企業側もよくわかっており、ある調査では「働き方改革」「生産性向上」 に取り組む企業は約80%だ。だが一方で、「生産性向上」で“成果が出なかった”割合も約70%にのぼるという。つまり2/3以上の企業が「失敗」しているのだ。

 では、人事・労務のDXを阻害している主な理由は一体何なのだろうか。また、DXの成否を分けるのはどのようなポイントなのだろうか。

この記事の続き >>
・業務を圧迫する「●●」をなくし、年末調整で87%もの工数削減した事例も
・人事・労務DX成功のカギは「3つ」ある
・DXは経営陣から従業員まで全員で成し遂げるもの

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!