開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/25

オンプレ・クラウド混在「こんなはずでは…」のストレージ戦略、シンプルさを取り戻せ

デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みの中核にあるのが「データ活用」だ。企業には、さまざまなデータを蓄積・分析し、ビジネス変革につながる価値を見いだすことが求められている。しかし現実には、データ分析以前に、爆発的に増大するデータの保存・管理に手を焼いているのが多くの企業の実態ではないだろうか。そこで重要になるのがストレージ戦略だ。ここでは、DXの推進に不可欠なシンプルなデータ管理を実現するストレージ戦略を解説する。

photo
複雑さを増すハイブリッドクラウド環境、ストレージ戦略を再考せよ
(Photo/Getty Images)

ハイブリッドクラウド環境のストレージが抱える課題

 「データ活用」が現在の企業にとって重要であることは、誰も否定しないだろう。ただし、同時に企業を悩ませているのがデータの増大だ。爆発的に増えるデータを蓄積し、「どこでも」「簡単に」「迅速に」活用できるデータ基盤をどうやって構築するかは、多くの企業が直面している課題である。

 その解決策の1つがクラウドだ。資産を保有することなく、低コストですぐに利用を開始できるクラウドは、増大するデータの保存場所として非常に適している。ところが、実際に使い始めると「こんなはずではなかった」ことが起き始める。

 1つはコストだ。当初は安かったのに、データの増大とともにクラウドのコストがオンプレミスを上回るケースは少なくない。クラウドのストレージは1ボリュームの最大容量が決まっていたり、使用の有無にかかわらず課金されたりするのがその理由だ。

 このため、企業は状況や目的に応じてオンプレミスとクラウドを使い分けることになる。しかし、データの置き場所が分散すると、今度はオンプレミスとクラウド、もしくはクラウドとクラウドの連携が必要になる。

 さらに、運用管理も複雑になる。クラウドのストレージでは、オンプレミスでは当たり前にできていた重複排除や圧縮、ストレージの階層化、差分コピーやスナップショット等は簡単には実行できない。管理者は、オンプレミスとクラウドそれぞれに適したやり方で、ストレージを管理せざるを得ないのだ。

 このように、オンプレミスとクラウドを組み合わせたハイブリッド環境では、データ活用を支えるストレージは複雑化する。この問題を解決し、ストレージ環境をシンプルにするには、どうしたら良いのだろうか。

この記事の続き >>
・ハイブリッドクラウド環境のデータの流れを整える
・ハイパフォーマンスで「1U」の省スペース、「1.7PB」の大容量を実現
・OpenShiftに対応し、Ansibleによる“運用自動化”も可能

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!