開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/29

コンテナ導入への“重い腰”を上げよう、わが社を「クラウドネイティブ」にするには?

顧客のニーズや市場の変化をとらえて、アプリケーションやシステムを迅速に更新し続けることは、ビジネスの成功に不可欠な条件となりつつある。それを実現するには、開発のスピードを圧倒的に上げなければならない。近年、「コンテナ」という技術が注目される理由もまさにそこにある。ところが、コンテナ導入でつまずく企業は決して少なくない。その理由と解決の方法を探る。

photo
クラウドネイティブを代表する「コンテナ」の真価を発揮するには
(Photo/Getty Images)

コンテナ導入を検討する企業が直面する課題とは

 現在、企業ITの領域で注目を集めているのが「クラウドネイティブ」だ。これは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドなどの環境で、アプリケーションを迅速に開発・実行するためのアプローチ・技術の総称である。クラウドネイティブが注目されている理由は、GAFAをはじめとする先進的な企業の多くが、このアプローチ・技術で大きな成功を収めているからにほかならない。顧客ニーズや市場の変化をとらえ、それに対応するアプリケーションやシステムを迅速に開発し、市場に投入するには、クラウドネイティブが欠かせない。

 そして、クラウドネイティブを構成する中核技術の1つが「コンテナ」だ。コンテナは、アプリケーションとその実行に必要なライブラリを読み込み専用(リードオンリー)のコンテナという塊にし、インフラから切り離す技で、リソースを節約した上で開発を高速化できる。そこでコンテナに関心を持ち導入を検討する企業が急増しているわけだが、実際に導入してみると思ったような成果が得られないという声も少なくない。

 その背景には、大きく2つの課題がある。1つはコンテナの価値を十分に理解できていないことだ。確かにコンテナは画期的な技術だが、それ単体では価値を発揮できない。ほかの技術と適切に組み合わせて、初めて真の価値を発揮する。

 2つ目は、従来のシステムと同じ要求レベルをコンテナに求めることだ。コンテナにも向き、不向きがある。それを無視して、既存システムと同じ目線で評価すると、その真の価値を引き出せない。

 とはいえ、コンテナは新しい技術だけに、初めて導入するとき不安が伴うのは当然だ。こうした不安を払拭し、課題を解決して、導入を成功に導くには、どうしたら良いのだろうか。

この記事の続き >>
・コンテナの導入・構築・運用までを一括で
・オンプレミスでありながら、従量制でコンテナを活用できる仕組み
・オリコはデプロイ工数の半減、インフラ設定・構築コストの1/3削減に成功

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!