開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ソフォス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/15

日々変容するサイバー攻撃、「適応」できなければもうついていけない

企業が業務効率を向上させる方法を模索する中で、サプライチェーンの複雑化、データやアプリケーションのクラウド移行など、ビジネス環境は常に変化している。この変化に伴ってサイバー攻撃はますます巧妙化しており、ユーザー、アプリケーション、デバイス、データなどあらゆる側面でプロアクティブ(積極的)な対策を講じる必要が出てきている。今起きている変化と、それに適したセキュリティ手法とは。

photo
サイバー攻撃を継続的に防いでいくには
(Photo/Getty Images)

セキュリティの高度化に伴い、攻撃者もさらに巧妙化

 現代のIT環境に目を向けると、データやアプリケーションのクラウドへの移行が進み、場所を選ばない働き方、運用コストの削減、スケーラビリティといったメリットがもたらされている。2020年以降はリモートワークへの移行も拡大している。

 このように各所に分散しながら相互に接続しているシステム・IT資産が増えたことは、ユーザーの利便性を高めてはいるものの、実はセキュリティ上の課題を生み出している。従来は主流だったインターネットと社内ネットワークの境目を守る「境界型防御」という考え方を過去のものにしてしまったのだ。多くの企業はネットワークに接続されているすべてシステムセキュリティを確保するどころか、そのネットワークの範囲を把握することにすら苦労している。

 もちろん、セキュリティソリューションは高度化しており、程度の低い攻撃であれば防御には成功している。しかしそれに対応するために攻撃者はマルウェアの自動拡散から、自動と手動を組み合わせた手法に移行。一般的なトラフィックパターンで組織の従業員になりすまそうとしているケースもある。

 このように攻撃者が柔軟かつ執拗な手口を使ってきている今、IT担当者がインターネットとの境界にセキュリティ環境を一度構築したら対策は完了、という時代は終わったと言える。

この記事の続き >>
・寄せ集めの対策ではなく、統合的に解決するエコシステム
・サイバーセキュリティの各種機能を統合して自動化・効率化を実現
・ゼロデイ脆弱性をついた攻撃の特定と修正に迅速に対応
・費用対効果にも優れ、TCOの改善も可能

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!