開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

凸版印刷株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/22

狙い撃ちされるIoTデバイス…知っておくべき「効果的なセキュリティ対策」を解説

デジタル技術の進化に伴い、身の回りのあらゆる機器がインターネットに接続されるようになった。さまざまな機能を備えた製品同士がつながることで人々の業務や暮らしの利便性が高まる一方、これらのIoTデバイスはまだまだサイバーセキュリティ対策が遅れがちであり、デバイスを狙ったサイバー攻撃や安全管理の不備に起因する事故も多発している。IoTデバイスにはどのようなリスクが潜んでいるのか。また事業者がIoTサービスを安全に提供できるようにするにはどうすればよいのか。必要なセキュリティ対策について、効果的な打ち手を紹介する。

photo
IoTデバイスのセキュリティ対策をおろそかにしていると、被害に遭うのは時間の問題だ
(Photo/Getty Images)

IoTが実現した“製品+サービス”という新機軸

 ICT・デジタル活用を基軸とした技術革新が進む中で、今までスタンドアロンで動いていた多くの機器が、インターネットとつながりIoTデバイス化している。ビジネスの現場では大きな変革が起きつつある。その1つが、製品の“サービス化”である。

 たとえば日本の基幹産業である製造業では、品質一筋だった従来のモノ作りが限界となり、従来の機能にデータの活用を付加して実現する“製品+サービス”という新しいアプローチに移行しつつある。

 同様に、非製造業における従来の事業やサービスにおいても、デジタルという付加価値を組み合わせて内容を高度化する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の動きも盛んである。これらのデジタル革命は、日本の製造業の復権や、新たな産業における飛躍という可能性を秘めており、大多数の企業が現在デジタル活用に大きく舵を切っている。

 しかしそこには、サービスを優先してセキュリティ対策の欠如という大きな穴が存在している。PCやスマートフォンなどのインターネットに接続することが前提であった機器以外は、ほとんどの製品が通信機能を持たずに単体で動いていたため、従来のモノ作りではサイバーセキュリティという概念が希薄だった。これに対してIoTデバイスはネットワーク接続が前提となるため、従来の組み込み開発における機能安全とは異なる、新たなセキュリティ対策の実装が安全対策として必須になるのである。

 実際にIoTを活用したサービスを提供する、また利用する際には、「3つの観点」でセキュリティ対策を考える必要がある。そして、その中で最も手薄な部分へ重点的に対策を施すことが必須だ。

この記事の続き >>
・IoTデバイスのセキュリティで考慮するべき3つの観点
・デバイスの製造から利用、廃棄までのセキュリティ対策を効率化
・セキュアチップの実装と電子証明書・認証鍵運用の管理まで一括提供

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!