開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社、Ivanti Software株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/12/16

「コロナ後」に必要なネットワークの可用性とは? “変化への対応力”を実装する方法

新型コロナウイルスは、我々の働き方を一変させた。そして、この変化はコロナ収束後も元に戻ることはないだろう。そこで重要な役割を果たすのがクラウドだ。クラウドこそが、これからの企業に必要な“変化への対応力”を決めるのだ。そしてクラウドが重要になればなるほど、その基盤であるネットワークにも、環境変化にダイナミックに対応できる能力が求められる。そのような柔軟かつ強靱なネットワークを、企業やクラウド事業者はどのように実装すればよいのだろうか。

photo
「コロナ後」に求められるシステムの可用性とは
(Photo/Getty Images)

求められるのは「変化への対応力」、そのカギを握るITシステムのクラウド化

 新型コロナウイルスの世界的なパンデミックは、我々の働き方や生活環境を大きく変えた。特に企業においては、顧客との接点、取引先との接点、社内の接点が急速にデジタル化した。この変化は、コロナ禍が収束しても元には戻らないだろう。

 もともと日本は自然災害の多い国だ。パンデミック対策はもちろん、事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)、そしてDXの観点からも、これは不可逆的な変化ととらえるべきだ。むしろ、この変革を積極的に進めることが、競争力の差となって現れるだろう。

 ITのアーキテクチャを見直した結果、改めて「ITシステムのクラウド化」の必要性に気付くだろう。クラウドであれば、ビジネスの環境変化に合わせてリソースを柔軟に変更できるからだ。

 ただし、システムを一気にクラウド化するのは現実的ではない。各企業の事情に合わせて、徐々にクラウド移行(クラウドリフト)するのが現実的だ。クラウドリフトを実現するためには、各企業のシステム要件やニーズに柔軟に対応できるクラウドを選択することが不可欠になる。その点で、支援の手厚い国産クラウドは有力な選択肢となるだろう。

 自社データセンターを持つ大手企業にとっても、「変化へ対応」する必要性は増すばかりだ。テレワークやオンラインサービスの需要拡大に対応する必要があるのは明白だ。

 いずれの場合も、そのサービス品質の根幹を支えるのはネットワークである。ビジネス環境の変化にダイナミックに対応できる「可用性」と「スケーラビリティ」を備え、「ユーザー満足度」を支えるネットワークインフラを実現するには、どうすればよいのだろうか。

この記事の続き >>
・「クラウド前提」でネットワーク環境を整えるポイントとは
・クラウドリフトで活用したセイコーエプソン、自社クラウドサービスで導入したIIJ
・「ユーザー満足度」を支えるためにどのように導入すべきなのか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!