開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/02/17

クラウドは課題だらけ?「不透明なシステム構成」「悪化するMTTD/MTTR」の解消法とは

あらゆる企業がクラウドシフトを加速する中、システムの設計や構築もクラウドを前提とした「クラウドネイティブ」が当たり前になりつつある。その疎結合を基本としたシステム構成は、可用性や拡張性、障害からの高い回復力などのメリットが多い。一方で、構成が複雑かつ動的に変化するためにシステムの全体把握が難しいという側面もある。そう下課題解決のキーワードとして、今注目されているのが「オブザーバビリティ(可観測性)」だ。

photo
クラウドシフトの課題となるのが、複雑なシステム環境の把握だ
(Photo/Getty Images)

クラウドシフトの中で注目を集める「オブザーバビリティ」とは?

 企業システムのクラウド移行(クラウドシフト)が急速に進んでいる。ガートナーの調査では、2025年までにグローバル企業の85%以上が本番環境のアプリケーションをコンテナ化すると予測しているほどだ。

 これほどまでにクラウドシフトが進む理由は、クラウドシフトから得られるメリットの大きさにある。クラウドシフトのメリットには、サービス提供時間の短縮をはじめ、運用の効率化、運用自動化、手作業の軽減によるリスク低減、アジリティの向上などが挙げられる。

 しかし、クラウドネイティブの環境は、運用担当者の見えない場所にアプリケーションが置かれ、それらが連携しながら高度な機能を実現しているだけに、システム全体を把握することが難しい。また、特定の事象に対するアラートの設定が難しくなるほか、MTTD(平均検出時間)やMTTR(平均修復時間)の悪化、コスト管理が難しくなるなど、課題もある。

 そうした複雑なシステム全体の可視性を高め、予期せぬトラブルにも迅速に対応できる新しい管理手法の確立が急務とされるのだ。そこで昨今重視されているのが、どこで何が起きているかを迅速かつ正確に把握し、対処できるようにする能力を指す「オブザーバビリティ(可観測性)」という考え方だ。

 オブザーバビリティを高めるためのポイントになるのが、モニタリングツールになるが、現状モニタリングの手法に満足している企業は少なく、マルチクラウドやハイブリッドクラウド環境に対応し得るモニタリングツールの選定は簡単ではないようだ。

この記事の続き >>
・オブザーバビリティ(可観測性)を高める4つのポイント
・マルチクラウドやハイブリッドクラウドに適したモニタリングとは
・モニタリングツールに求められる3つの機能

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!