開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アステリア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/02/16

RPAによる自動化が「中途半端」で終わるワケ、ここからが本番のバックオフィスDX

近年、一気に普及したRPA(Robotic Process Automation)。特に、定型的な業務も多い経理や人事、総務などのバックオフィス部門では、RPAで業務の効率化を図る企業が増えた。ただし、RPAを導入した企業からは、「かなりの定型業務はデジタル化できたが、データ活用までは至っていない」といった声も聞こえてくる。それはなぜなのか。その原因と対策を整理し、バックオフィスのDX(デジタルトランスフォーメーション)を一気に進める方法を解説する。

photo
RPA導入後、「この作業まで自動化できたらいいのに……」と感じる担当者は多い
(Photo/Getty Images)

DXの現実。なぜ、RPAによる業務の自動化が「不完全」で終わるのか?

 DXの目的は、デジタル技術を用いデータを活用して自社のビジネスモデルを変革したり、新たな事業価値を生み出したりすることだ。もちろん、一足飛びにDXを実現することはできない。

 まずはERPやCRMなどのシステムで業務プロセスをITに置き換え(デジタイゼーション)、次に複数のシステムをつないでワークフロー全体をデジタル化する(デジタライゼーション)。その結果、経営から現場まで企業全体でデータを迅速に活用できるようになり、その先にDXが見えてくる。DXに取り組む企業は、デジタル化はDXへの過程にすぎず、“真のDX”ではないことを今一度肝に銘じたいところだ。

 そして現実には、デジタイゼーションは実現できても、デジタライゼーションに苦労している企業が多い。それが典型的に表れているのが、経理や人事、総務などのバックオフィス部門である。バックオフィス部門では、多く存在する定型的な業務をデジタル化するためにRPAの導入が進んだ。人間による画面操作をシナリオとして登録し、ソフトウェアのロボットが代行するRPAは、人手不足を補い、業務フローをデジタル化する切り札と考えられている。

 しかし、RPAは万能ではない。もちろん導入すれば業務を効率化できる。ただし、それは画面で操作できる業務に限られる。バックエンドでさまざまなシステムにデータを受け渡すといった処理には向かない。

 このため、「画面経由での入力業務は自動化できたが、各システムが社内外で散在しているのでデータ連携は難しく、結局データ活用までには至っていない」といった問題が生じてしまうのだ。この問題を解決するには、どのような方法があるだろうか。

この記事の続き >>
・RPAの限界を突破、デジタライゼーションを一気に進める方法
・Excel業務の“本当の”自動化
・プログラミング経験なしの総務担当者が、1週間かかっていたデータ加工業務を数時間に短縮できたワケ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!