開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

データブリックス・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/04

GAFAMに共通する「デジタルマチュリティ」とは? 強さのカギを握る“データ戦略”

市場環境が急変し続ける現在、データとAIを活用・分析してインサイトを得ることは非常に重要だ。実際、激動の時代に頭角を現してきたGAFAMのような企業は、「デジタルマチュリティ(デジタル化の成熟度)」が圧倒的に高い。これまでに起こった過去志向の分析に加えて、これらから何が起こり、それがなぜ起こるのか、という未来志向の分析を積極的に行い、そこから得た洞察を経営判断に迅速に取り入れているからだ。こうした企業から学ぶべきことの1つは、データ&AI戦略の見直しと高度化である。では具体的に、さまざまな社会課題が付きまとう21世紀において、どのようにデータ&AI戦略を打ち出すべきなのだろうか?

photo
21世紀における勝ち組企業の条件“デジタルマチュリティ”を高める秘策とは?
(Photo/Getty Images)

GAFAMの共通点は「デジタルマチュリティ」

 企業を取り巻く環境が大規模かつ急激に進む中、複数の要因が絡み合い複雑な状況を生み出している。たとえば、米国と中国の貿易対立に起因する技術覇権競争、いわゆるデカップリングによりエコシステムの分断が発生し、日本の基幹産業である製造業が大きな影響を受けているなど、大きな社会変動が起きつつある。

 企業にとってSDGsへの取り組みも欠かせないものとなり、さらにはデジタルトランスフォーメーション(DX)の進捗なども相まって、既存の産業やビジネス、マーケットの定義が完全に覆され始めている。

 また、GAFAMと呼ばれる巨大IT企業が台頭し、データとAIを武器にスケールとスピードで他のインダストリー(産業)を浸食。そして新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが輪をかけたことで、消費者の行動、価値観が大きく変容し、しかも長期化している。

 GAFAMのようなビジネスの勝ち組企業の共通点として、「デジタルマチュリティ(デジタル化の成熟度)」が高いことが挙げられる。データとAIをフルに活用することによって、競合他社よりも柔軟かつ迅速に外部環境の変化に対応し、さらにそれを戦略に組み込んでいるのだ。

 勝ち組企業は、顧客のデータを持つことがビジネスの成功につながることを、データの重要性が叫ばれる前から理解していた。最近では、顧客による購買行動だけでなく、たとえばSNSのテキストデータや衛生写真、パートナーデータやオープンデータなど、さまざまな領域からデータを集め始めている。このように多方面から大量のデータを取得し、それをビジネス戦略の中核に据えてエコシステムに取り込むことで、無限のインサイトを得られるようになる。

 では、これまでデータやAIの活用に注力していなかった企業は、不確実性高まる時代にどうすれば成長し続けられるのだろうか?

この記事の続き >>
・データ活用・分析の時間軸を“過去”から“未来”に移行せよ
・「人材不足」「サイロ化」「信頼性」の課題解決がデータ戦略に求められる
・「データとAIの民主化」を実現に導くには?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!