開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社G-gen提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/28

超簡単「データ分析」入門、Google Cloudで“誰でも”できる方法と3つの事例を解説

企業活動においては、多様なデータを活用・分析することが経営最適化のために必要不可欠となっている。半面、「多くの資金や労力が必要ではないか」との懸念から、本格的なデータ分析に二の足を踏む企業は少なくない。この上、取得したデータを分析に使えるデータへ変換する技術も必要なため、一般的な企業にとってはハードルが高いと考えられがちだ。しかし、これらは既存のクラウドサービスで解決できる。データ活用を安価で手軽に小規模から始められる方法を解説する。

photo
既存のクラウドサービスを使って、安価で手軽に小規模から始められるデータ分析の方法とは
(Photo/Getty Images)

“金”も“知識”も“技術”もいらない……“超”簡単「データ分析」

 データ活用は、クラウドサービスの普及やビッグデータの整備、AI(人工知能)の進化の後押しを受けて、その重要性が年々大きくなっている。クラウドやIoTなどの利用が急速に広がったことで、取得できるデータの種類や量も急激に増加している。こうしたデータを分析し、その結果を企業活動に生かすことが、今後のビジネス競争を生き抜く上で大きな鍵を握っている。

 だが、専門技術やIT人材の不足を理由に、多くの企業がデータ活用に取り組んでいない。外部に委託するケースも考えられるが、資金力のない企業であれば委託費用が利益を圧迫してしまう。

 しかし実際のところは、専門的知識・技術、資金力がなくても、手軽にデータ分析を始めることができる。そのポイントとなるのが、データの収集や加工、管理などを行うデータ分析基盤の構築を、既存のクラウドサービスを使って内製化すること。

 クラウドは「拡張が容易で、スモールスタートができる」「インフラ運用の手間がかからない」「耐久性やセキュリティレベルが高い」という特徴を持ち、経営環境に沿った運用が可能だ。とは言え、クラウドサービスにはAWS(Amazon Web Services)やAzure、Google Cloudなどいくつかある。どのサービスがデータ分析に適しているのか。また、どうすればデータ分析基盤を構築できるのか。

この記事の続き >>
・誰でもできる「データ分析」の“下準備”
・「データ可視化」までの手順解説、「無料」でレポート作成も?
・“複雑な処理”でも「自分で」できる

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!