開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社YOUTRUST提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/08

過酷すぎる「DX人材獲得競争」はNG、半分のコストで採用する方法とは

企業の人材獲得競争が激しさを増している。特にITエンジニアを始めとするDX人材は、資金力のある大手企業でも採用が難しいのが実態だ。そもそも、圧倒的に数の少ないDX人材を巡って多くの企業が競争すれば、こうなるのは十分予想できること。しかし、あきらめるのはまだ早い、少し視点を変えれば、企業がアプローチできる人材はまだまだいる。ではどのようにDX人材を獲得すればよいのだろうか。

photo
転職潜在層に働きかけるには?
(Photo/Getty Images)

厳しさを増す人材獲得競争と希望の数字「61.1%」

 求職者1人につき何件の求人があるかを示す有効求人倍率は、リーマンショック以降ずっと右肩上がりで上昇し、2019年には約1.6倍となった。それがコロナ禍で再び低下し、2020年9月には1.03倍まで下落した後、現在はほぼ横ばいで推移している。

 このように、マクロで見ると人手不足は少し緩和されたが、依然として倍率が高いままの職種もある。それがIT系のエンジニアやデザイナーだ。特に「DX人材」と総称されるDX推進に必要とされる人材は、企業規模に関わらず獲得競争が激化している。

 その結果、起きているのが人材獲得コストの上昇だ。エージェントサービスを利用している大手企業の中にはエージェントに支払うフィーを増額しているところもあり、資金力で不利な中堅中小やベンチャー企業は、競争に参加することさえ難しいのが実態だ。

 また、スカウトサービスを利用しても、サービスによる母集団に大きな差がなく、1人に対して数十社がアプローチすることになり「スカウトを打っても打っても出会えない」状況に陥っている企業が多い。

 しかし、あるデータを見れば希望も見えてくる。実は、労働人口を100としたとき、明らかな転職意思があり、転職活動を行っている転職顕在層はわずか9.5%、声をかけても動かない層が29.4%、積極的な転職活動はしていないが声をかけたら可能性のある転職潜在層が約61.1%いるという。

画像
転職潜在層9.5%に対し、転職潜在層は61.1%いる。全国の20~59歳の会社員(正社員)1000名へのインターネット調査による

 転職エージェントに紹介される「いつもの転職顕在層」にではなく、転職潜在層の61.1%にアプローチしつつ、人材の獲得コストを抑えるには何が必要なのだろうか。

この記事の続き >>
・転職潜在層にアプローチできるキャリアSNSとは?
・約50%の高いスカウト返信率と低い人材獲得コストを実現する方法
・わずか2.5カ月でプロダクトマネージャー獲得に成功したラクスル
・“信頼される人”と“信頼される企業”が報われる転職市場とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!