開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

panaya japan 株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/16

このままでは危険な「SAP 2027年問題」、移行期間とコストを“半減”させる方法とは?

多くの国内企業が基幹系業務システムとして利用しているSAP ERPだが、その現行バージョンのサポートが2027年に終了する「SAP 2027年問題」が深刻化している。SAP社としてはSAP S/4 HANAへの刷新を推奨しているものの、移行に対応できるITベンダーやIT人材は不足する一方だ。そのため、ユーザー企業は莫大なコストと人的負担を強いられることとなる。では、SAP S/4 HANAへのマイグレーションを効率的に進めるには、どのようなアプローチを取るべきだろうか。

photo
SAP S/4 HANA移行を早急に進めるべき理由とは?
(Photo/Getty Images)

「SAP 2027年問題」に悩む国内企業が直面している課題とは

 いまや基幹系業務システムの代名詞とも言える「SAP ERP 6.0」は、国内においても非常に多くの企業が利用しているのは言うまでもないだろう。しかしながら、そうしたすべてのSAP ERPユーザーが直面しているのが、現行のSAP ERP6.0のサポートが2027年に終了する「SAP 2027年問題」だ。

 国内で2000社以上とも言われるSAP ERPユーザーの企業は、2027年末の保守期限に向けて、SAP S/4 HANAへコンバージョンするか、SAPのサポートを第三者保守に切り替えるかなど、具体的な対応を迫られているのである。

 他社ベンダーへの移行はハードルが高いことから、SAP S/4 HANAへの移行を検討している国内企業も多いが、国内のSAP ERPユーザーのうち、2022年時点ですでにSAP S/4 HANAへの移行を完了している企業は「わずか2割」程度に過ぎないのが現実だ。多くのユーザーはいまだ検討中であたり、全くの未着手の状況にある。

 また、SAP S/4 HANAの移行に伴い、影響範囲を調べる影響分析から開発・テストの工程も行わなければならない。独自のアーキテクチャーを持つSAPでは、高い技術力とノウハウが要求されるため、移行に対応できるSI事業者の数は限られている。さらにSI事業者側の人的リソースも不足していることから、案件数を増やすのが難しい状況であり、いわゆる「移行の順番待ち」が発生しているのが現状だ。また、コンサルタントやエンジニアの人件費など、移行にかかるコストも非常に高額なため、即断即決で移行を進めることができないという課題もある。

 では、効率的かつ少ないコストでSAP S/4 HANAへマイグレーションするには、どのような対応を取るべきだろうか?

この記事の続き >>
・9割が「他社製品への移行は検討していない」のに、大半は未着手
・SAP S/4 HANA移行を妨げる3つの課題とは
・数カ月かかる影響調査がわずか48時間で完了、移行期間とコストを半減以下に

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!