開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/25

現場はもう限界…求められる“運用管理DX”に「データのKPI化」が効果的な理由

現在の企業にとって、ITシステムの重要性は以前とは比較にならないほど高まっている。一方で「ITシステムは動くのが当たり前」と考えられているのも事実だ。それだけ運用管理を担う情報システム部門の責任は重く、プレッシャーは大きい。ところが、運用管理の現場に目を向けると、そこにかかる負荷が急激に高まっている厳しい現実が見えてくる。手遅れにならないためには、今すぐ何らかの手を打つ必要があるだろう。その厳しい現実と対策を解説する。

photo
システム運用管理の厳しい現実、高まる負荷への対策にはデータ活用が必須だ
(Photo/Getty Images)

システム運用管理を困難にする2つの根本要因

 現在のビジネスにITシステムは不可欠な存在だ。しかしそれだけに、ITシステムを安定的に稼働させる運用管理にかかる負荷は大きい。

 その負荷の根本要因は、大きく2つに集約できる。1つは「要求レベルの上昇」だ。ITとビジネスが直結し、ITシステムの障害は企業の収益にダイレクトに影響する。それだけITシステムの運用管理へのプレッシャーは大きい。もう1つが「複雑度の上昇」だ。新しい技術の導入による新旧環境の混在、オンプレミスとクラウドのハイブリッド化など、ITシステムはますます複雑になっている。その結果、システム運用管理の難易度も高くなっているのが実態だ。

 こうした状況に対し、多くの企業の情報システム部門は限られたリソースで対処することを迫られている。その基本的な考え方は「効率化」と「合理化」だ。「効率化」とは処理を自動化し、受動的な対応から予防的/予測的対応を推進することだ。そして「合理化」は、ビジネスへの影響度に基づいて優先度の高い処理から対応することだ。

 いずれの場合も、その実現には「データ」が欠かせない。データがなければ予防的/予測的対応も、対応に優先順位を付けることもできないからだ。

 ところが現実には、データを有効活用できている企業は少ない。システム監視からセキュリティ、監査までさまざまなデータが収集されているにもかかわらず、なぜそれを活用できないのだろうか?

この記事の続き >>
・システム運用管理におけるデータ活用を推進する「データのKPI化」とは?
・データをKPI化するメリットと2つのベストプラクティス
・KPI化したデータ活用の実践事例、異常検出と障害予測

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!