開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/04/15

現場が喜ぶマルチクラウド環境とは? 複雑な環境でも運用を簡単にする方法

オンプレミスとクラウドの混在、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azure、各種SaaSなどを組み合わせるマルチクラウド化は、すでに多くの企業にとって当たり前の環境になりつつある。そこで起きるのがシステムの複雑化であり、それに起因する運用やセキュリティ、データ活用面などの問題だ。しかし、今さらクラウドベンダーを一本化したり、クラウドサービスを統合したりすることは難しい。だとすれば、複数のシステムを前提とした対策を考えるしかない。果たして、「システム運用」「情報セキュリティ」「データ活用」すべてに適応できる都合の良い対策はあるのだろうか。

photo
マルチクラウド環境はどのように運用すれば成果につながるのか
(Photo/Getty Images)

ハイブリッド/マルチクラウド化で企業が直面する深刻ないくつかの問題

 企業のクラウド活用が加速している。背景にあるのが市場スピードの加速だ。急速に変化するニーズ対応するには、導入が容易で、リソースを迅速に調達できるクラウドでなければ難しい。

 特に現在の企業には、顧客体験を重視した製品・サービスの開発・提供が求められている。そのためには、顧客のニーズや要望を素早く取り入れて、短いサイクルで製品・サービスを更新し続けなければならない。

 さらに最近はマルチクラウド化も進んでいる。サービスやシステムに最適なテクノロジーを組み合わせ、PaaSごとに独自に展開しているアプリケーションを利用すると、必然的にマルチクラウドになる。

 もちろん、企業ITのシステムすべてがクラウド化するわけではなく、引き続きオンプレミスが利用されるだろう。こうしたハイブリッド/マルチクラウド化により、企業システムはますます複雑になる。その結果、企業は深刻な問題に直面することになる。

 1つはシステム運用だ。オンプレミスと複数のクラウドにまたがる複雑でサイロ化したシステムの運用が困難なのは、誰の目にも明らかだ。同様にして、情報セキュリティも問題だ。従来のように社内だけを守れば良かった時代は過ぎ去り、複雑なシステムを前提とした新たなセキュリティの仕組みが求められている。

 システム運用と情報セキュリティに加え、ビジネスデータの分析も面倒になれば使い手が敬遠することになりかねない。複雑で個別最適化されたシステムからは、そもそもデータを集めることすら困難だからだ。

 「システム運用」「情報セキュリティ」「データ活用」という幅広い諸問題に対し、企業はどのような環境を整えるべきなのだろうか。

この記事の続き >>
・必要なのは複雑なシステムを前提としたデータ収集・管理・分析の仕組み
・「前処理なし」でデータ収集・分析の課題を解決
・計画外停止を64%削減した3Mはどのような環境を構築したか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!