開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社Mobility Technologies提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/04/25

脱「領収書出社」、面倒すぎるタクシーの経費精算を超簡単にする方法

昨今、コロナ禍の影響でテレワークが急速に普及するなど、働き方が多様化している。企業としてはペーパーレス化で出社回数を抑える取り組みが必要となるが、「紙」の領収書の経費精算などアナログな業務がいまだ山積している。特に面倒な業務がタクシー領収書の精算だ。領収書の枚数や精算回数が多く、「領収書の内容をデータで入力する」など手間がかかる。こうした課題を解決し、オンラインで決済から経費申請、管理などを行える方法がある。その手段について、企業の導入事例と併せて解説する。

photo
タクシーの決済から経費申請、管理などをオンラインで完結できる方法はあるのか
(Photo/Getty Images)

誰でも一度は経験する「タクシー領収書」精算の“面倒さ”

 コロナ禍を契機にテレワークが普及・定着しつつある一方、オフィスに出社しなければできない業務がまだ数多く存在していることから、2021年後半からはテレワーク普及の伸び率が鈍化している。出社が必須となる業務としてまず考えられるのが、領収書という「紙」を使った経費精算だろう。経理部門の社員が経費精算のためだけに出社するケースは少なくない。

 経費精算の中でも「やっかいなもの」の1つが、タクシー領収書の精算である。日常的にタクシーをビジネス利用している社員にとって、「どこからどこまでに乗った領収書だったか」を思い出せないのはありがちなシーンだろう。

 さらに「領収書を台紙に貼って提出する」「領収書が見当たらないので探す」など多くの手間もかかる。タクシーを利用する社員だけでなく、経理や総務にとっても、「件数が多くて大変」「利用目的が分からず確認する必要がある」など、経費精算業務の負担は少なくない。

 とは言え、ビジネスシーンにおいてタクシー利用は移動手段の1つとして欠かせない存在である。できれば、面倒なタクシーの経費精算をデジタル化して、効率的に運用できるようにすべきだが、そのためにはどうすれば良いのだろうか。

この記事の続き >>
・社員も管理者も「メリット」だらけ、オンラインで完結できる方法とは?
・事例:「急なゲスト送迎が必要に…」隙間時間に“簡単”手配
・事例:「テレワークで社用車利用が減少…」タクシーで“事故”も“保険料”も大幅削減

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!