開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/04/01

マーケ担当者“必見”、驚くほど成果が出るGIS×人流分析、凄すぎる3つの特徴を解説

店舗運営や営業活動などでエリアマーケティングを展開する際、GIS(地理情報システム)の活用が加速している。従来のGISは、得られる情報が過去のデータに基づくものであり、精度にも課題があった。だがIoTやセンサー技術が発展した現在では、高い精度で即座に把握できるようになった。これを人流分析に活用すれば、リアルタイムだけでなく、1時間後の人流を予測することまで可能だ。GISなどで得られるデータはSaaS型のクラウドサービスを通して誰でも利用できるが、具体的にはどのように活用し、成果を出すことができるのか。

photo
GISと人流分析の組み合わせでどんな成果が出るのか
(Photo/Getty Images)

“未来”の人の流れが分かる? 凄すぎる人流分析

 GISは地域エリアの建物や人口などの現状を分かりやすく把握でき、次に展開する施策や戦略を検討するために用いられている。特に、空間データを可視化できることがメリットだ。

 たとえば人口情報を表形式で表した時、数字としては分かるが、そのエリアや空間に対してどのように人口が分布しているのかは把握しづらい。GISでは人口情報を色の濃淡などで区別しながら地図上で表現できるため、視覚的に理解できる。

画像
GISでは人口などの情報を地図上に示し、色の濃淡などで視覚化できる

 このGISを人流の分析に活用すれば、コンビニエンスストアの商品発注や商業施設におけるマーケティングなどにも利用できる。ただし、これまでの人流データはある時点の情報しか分からなかった。たとえば急な雨に見舞われれば、データと実態で乖離が生まれてしまい、商機を逸したり、フードロスが発生したりしてしまう。

 ところが近年、IoTやセンサー技術、リアルタイム処理技術が格段に進歩したことで、ピンポイントでの人数推計やリアルタイム分析、それらを使った人流の「予測」が可能になっている。これを活用することで、マーケティングの適正化やコストの削減などにつなげることができるが、データを取得するにはどうすれば良いのか。また、実際のビジネスシーンでどう活用すべきなのか、成果を出した事例とともに解説する。

この記事の続き >>
・「スマートシティ」にも使われる“人流データ”の取得方法とは
・未来も分かる“超”最新「人流分析」3つの特徴、従来との違いは?
・マーケティングはどう変わった? 2つの事例が示す「人流分析」活用術

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!