開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ワウテック株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/29

すかいらーくなどDX推進企業の共通点は? “次世代チャット”の必要条件

コロナ禍でテレワークを導入する企業が増えた。このトレンドはコロナ収束後も続き、今後はテレワークを含めた“場所に縛られない働き方”が主流になるだろう。ただし、そのためには解決すべき課題も多い。その1つが、減少したリアルコミュニケーションを補う新たなコミュニケーション手段だ。ここでは、すかいらーくなどDX推進企業が実践した「次世代チャットツール」の活用事例について解説する。

photo
DX推進企業にみるテレワーク環境の共通点とは
(Photo/Getty Images)

コロナ禍で変わった働き方と新たに生まれたコミュニケーションの課題

 コロナ禍が起きて約2年が経過し、我々の働き方は劇的に変化した。多くの企業がテレワークを導入し、場所に縛られない働き方が当たり前になりつつある。当初は急場しのぎの対応も目立ったが、最近は安定的にテレワークを運用する企業が増えてきたようだ。

 ただし、コミュニケーションの点ではいまだ課題は多い。対面でのリアルコミュニケーションが減った分、さまざまなツールを使ってリアルを補う試行錯誤が続いている。

 たとえば、テレワークでもメールは引き続き重要なツールだ。しかし、リアルタイム性に乏しく、情報が確実に相手に伝わったかどうかが分かりづらい。一方、電話はリアルタイム性の高いツールだがデータのやりとりはできない。

 こうした既存ツールで埋められないコミュニケーションの問題を解決するツールとして改めて注目されているのがチャットツールだ。社員間の日常的な会話や、ちょっとしたデータのやりとりなどで利用されるケースが増えている。

 ただし、新しい導入に向けては課題も多い。1つはセキュリティだ。特に無料の個人用ツールをビジネスで利用することは「シャドーIT」を生み出し、情報漏えいの原因となり得る。一方、セキュリティを考慮した企業向けのチャットツールも、導入数が多いとコストはそれなりにかかる。また、ツールが複雑で一部の社員が使いこなせず、かえって全体のコミュニケーションを阻害してしまうケースも散見される。

 これらの課題を解決して「次世代チャットツール」を定着させるには、何が必要なのだろうか。事例を紹介しつつ、解説する。

この記事の続き >>
・チャットツールをチームに「浸透」させるには?
・「日報報告」「タスク管理」「掲示板」「安否確認」の基盤とは
・すかいらーくなどDX推進企業はどのようにチャットを使っているのか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!